続編『パシフィック・リム:アップライジング』予告編公開!前作の10年後が舞台、機動性を増した圧巻のバトルシーン

ロボットアニメや怪獣映画に多大な影響を受け、一部の日本のファンの間でもカルト的な支持を誇る映画『パシフィック・リム』(2013)の続編『パシフィック・リム:アップライジング(原題:Pacific RIM: Uprising)』の予告編が公開となった。

『アップライジング』では、『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)のジョン・ボイエガが前作で重要な役割を担ったPPDC司令官スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)の息子ジェイクを演じ、物語をリードする。チームを鼓舞するモチベーショナル・スピーカー的な部分は父親譲りだ。

前作では重厚感あったイェーガーたちは『アップライジング』ではよりスマートで機動的になり、またバトルシーンが晴れた昼間の市街地で展開されているのも特徴。前作よりもさらに強大となったカイジュウ「ライジン」に、イェーガーたちが横並びに突撃する。

この予告編が解禁されたニューヨーク・コミコンのパネルでは、前作のギレルモ・デル・トロから本シリーズのメガホンを譲り受けたスティーヴン・S・デナイト監督、出演のジョン・ボイエガ、ならびにスコット・イーストウッド、バーン・ゴーマン、新人女優のケイリー・スペイシーが登場。スコット・イーストウッドは、ネイト・ランバートというライバルパイロットを、ケイリー・スペイシーは15歳のイェーガー・ハッカー、アマラを演じる。前作で印象的だった菊地凛子演じる森マコも再登場する。

説明によれば、『アップライジング』は前作の10年後が舞台で、PPDC(環太平洋防衛軍)は国際戦闘部隊として一新されていた。ジョン・ボイエガ演じるジェイクは、前作のジプシー・デンジャーの後継機ジプシー・アベンジャーに乗り込む。ほか、3人のパイロットで操作するブレーサー・フェニックスや、二刀流プラズマ・ソードを扱い、最も素早い機動を見せるセイバー・アテナ、左手のメイス型武器が特徴のタイタン・リディーマー、アークウィップと呼ばれる2本の鞭を操るガーディアン・ブラーボといったそそられる新型イェーガーも大地に立つ。更に、スクラッパーと呼ばれる小型イェーガーも登場する。

ちなみにこの予告編で使用されている楽曲は、伝説的カリスマ・ラッパー2PACの”Untouchable”のアレンジだ。死後5枚目となるアルバム「pac’s Life」(2006)に収録された。過去にはクエンティン・タランティーノ作品『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)劇中にも挿入されている。

『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年3月23日全米公開。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。