クリス・プラット、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』スター・ロード役とマーベルに大感謝 ─ 「末長く仕事を共にしたい」

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでピーター・クイル/スター・ロード役を演じてきたクリス・プラットは、当分マーベルを離れる気はないようだ。米国時間2018年2月9日、クリス・プラットは自身のInstagramにマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)10周年を記念した主要キャラクターの集合写真を投稿。キャプションにて、MCUの一員に加わることができたことに対する感謝の意を述べた。

Ten years in the making! I’m humbled to be part of this #MarvelClassPicture and to have such a great role in the upcoming Avengers Infinity War. The movie, as you can tell from the trailer is going to be off the freakin’ chain. @marvel studios has not only changed my life and the lives of every person in this photo they have entertained millions, if not billions of people around the planet. I’m so thankful to everyone at Marvel for the opportunity of a lifetime. And to the fans for making each movie such an event. I hope to work for the studio for a very long time. I know they have many more stories to tell. I believe the best is yet to come. 🙏♥️

A post shared by chris pratt (@prattprattpratt) on

「製作10周年!#MarvelClassPicture(マーベル集合写真)に加わることができて、また『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でこんなにも素晴らしい役をいただけて光栄に思います。映画は予告編映像の通りで、とんでもないことになっていますよ。マーベル・スタジオは、僕やこの写真に写っている全員の人生を変えただけではありません。数十億万人とまではいかなくても、世界中の数百万人を楽しませたんです。ファンに向けて映画を作るというのは大きな出来事。マーベルとはこの先ずっと長く仕事をしたいですね。語られるべきストーリーがたくさんありますし、その中で一番すごいストーリーはこれからだと思います。」

『マネーボール』(2011)『her/世界でひとつの彼女』(2013)などへ出演し、着実にキャリアを積み重ねていたクリス・プラット。しかし爆発的な人気を得たのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)でピーター・クイル/スター・ロード役を演じて以降と言っていいだろう。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の翌年には『ジュラシック・ワールド』(2015)、その次の年には『マグニフィセント・セブン』(2016)『パッセンジャー』(2016)など大作に主役もしくは準主役として抜擢されており、クリス・プラットは今やハリウッドには欠かせない人気俳優である。スター・ロードという当たり役を提供したマーベル・スタジオには、我々の想像以上に感謝の思いがあるのかもしれない。

クリス・プラットの次回出演作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、2018年4月27日(金)より全国ロードショー。

(文:まだい)

Source: https://www.instagram.com/p/Be9umxGjiZ2/?utm_source=ig_embed

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。