Menu
(0)

Search

【レポ】PS4『プレデター ハンティング グラウンズ』映画さながらの緊迫感 ─ 1対4の非対称型マルチプレイ、狩るか狩られるかの戦場へ

Predator: Hunting Grounds
© Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by IllFonic, LLC. PREDATOR TM & © TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

「狩るか、狩られるか」。映画『プレデター』 シリーズを題材にしたゲーム『Predator: Hunting Grounds』(PS4®用ソフトウェア)が、2020年4月24日より発売される。地球外生命体「プレデター」対特殊部隊「ファイアチーム」の1対4で戦闘を繰り広げていく、 オンライン非対称型マルチプレイアクションゲームだ。

THE RIVERでは、3月27日〜29日まで実装されていた「トライアルウィークエンド(体験版)」で、この注目作をいち早くプレイ。そのレビューをお届けしたい。

どこから襲われるか分からない、緊張の1対4バトル

プレデター Predator: Hunting Grounds
© Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by IllFonic, LLC. PREDATOR TM & © TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

ゲームの流れとしては、プレデター側1人に対して、4人編成のファイアチームで対戦。人間側は1人称視点でゲームを進行し、プレデターに倒される前に複数の軍事任務を達成したのち、原作のようにヘリコプターで戦場から脱出するか、もしくは“狩ることが目標だ。戦い方としては自由だが、基本的には銃やナイフ、手榴弾を使う。プレデターは3人称視点で、高い身体能力でジャングルに生い茂る木々の間を飛び回り、多種多様なアーマーや武器、技を活用しながら人間を一人残らず狩ることで勝利となる。

まずはプレデターを選択して、戦場へ繰り出すことに。序盤は操作方法を模索しながらゆっくりと進んでいたが、すぐさまファイヤーチームに遭遇。というわけで早速、木の上から相手に向かって一直線にジャンプして、気付かれることなく背後に忍び込んだ。そこから鋭い爪で相手を躊躇なく切り刻み、見事倒すことに成功。プレデターによる近距離アクションは想像以上にリアルかつグロテスクで、迫力満点だった。

プレデター Predator: Hunting Grounds
© Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by IllFonic, LLC. PREDATOR TM & © TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

宇宙最強のプレデターになって“人狩り”気分を楽しんでいたのも束の間、他の人間側プレイヤーから応戦されてしまい、素早くジャングルの中に身を隠すことに。プレデターだって逃げることはある…。そこで今度は、「プラズマキャノン※」 で遠距離から相手を狩ることに戦略をシフトチェンジした。照準を合わせて、いざ発射してみると、見事命中して相手を一人撃破することに成功。実に爽快感あふれる瞬間だった。ちなみにプラズマキャノンを命中させるコツは、常に冷静沈着なプレデターになりきることではないだろうか……。※プラズマキャノンは原作にも登場する熱線銃。

そこからファイヤチームの中に再び飛び込み、一気にチームを全滅に追いやり初勝利を飾った。ちなみにプラズマキャノンの他にも、追跡用の赤外線視覚モードや身を隠すための光学迷彩、最後の手段としての自爆など、原作ファンにはたまらない要素が多数存在する。もちろん原作を知らずとも、プレデターの斬新な戦術や圧倒的な強さの虜になること間違いないだろう。

プレデター Predator: Hunting Grounds
© Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by IllFonic, LLC. PREDATOR TM & © TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

一方で人間側も負けていない。いつどこから現れるのか分からないプレデターに怯えつつも、チームメンバーと協力しながら任務をこなしていく。ちなみに敵はプレデター以外にもゲリラ兵(NPC)がいて、これが意外と手強く、倒しがいがあって楽しい。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly