Menu
(0)

Search

重鎮レスラーのリック・フレアー伝記映画とTVシリーズ化が企画中、ロック様も携わる

Photo by daysofthundr46

1970年代後半からアメリカのプロレス界で絶大な人気を誇った伝説のプロレスラー、リック・フレアーの伝記映画が製作されることが分かった。製作には、自身も元WWEスターのザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが携わっているという。

“ネイチャー・ボーイ”の異名を取ったリックは、2008年の引退までに世界ヘビー級王座を16回獲得。1978年には全日本プロレスにも参戦を果たしており、以降も度々来日して試合を行ったリックは「狂乱の貴公子」の愛称で日本でも親しまれた。

米ラジオ番組Sirius-XM’s Busted Openに登場したリックは、1980年代の人生に焦点を当てた伝記映画とTVシリーズ、2つの企画が進行していることを明かした。映画の製作には、ドウェインが創設した映画製作会社Seven Bucks Productions、およびWWEが携わっており、既にリックとドウェインの間で話し合いも行われているという。

現在ハリウッド業界はあらゆる活動が新型コロナウイルスの影響で停止状態にあるが、リックは「すべてがまた動き出したらすぐに映画を作ります。たくさんのインプットがあるし、ハリウッドがまた再開したらTV番組も公開されるから、楽しみにしてます」と語り、気合十分の様子だ。なお、TVシリーズの内容については「年齢制限がかかって、たぶん深夜1時に放送されますね」とジョークを飛ばしている。

ちなみに、ドウェインはこれまでにイギリス出身の元プロレスラー、サラヤ・ジェイド・ベヴィスの伝記映画『ファイティング・ファミリー』(2019)で、本人役での出演とプロデューサーを務めている。

Source:Wrestling News

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly