Menu
(0)

Search

大ヒット『ボヘミアン・ラプソディ』に続け ― プリンスの名曲による新作ミュージカル映画が始動

Photo by Nicolas Genin https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c5/Prince%2C_People_au_D%C3%A9fil%C3%A9_Channel%2C_Printemps-Et%C3%A9_2010.jpg

ポップ・ミュージック界の伝説的アイコンであるミュージシャン、プリンスの楽曲を使用した新作ミュージカル映画(タイトル未定)の企画が始動していることがわかった。米Varietyなど複数のメディアが、ユニバーサル・ピクチャーズによってプリンスの名曲の権利が取得されたことを報じている。

実在のミュージシャンをフィーチャーする音楽映画といえば、ロックバンド「クイーン」とフレディ・マーキュリーを描いた伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)のスマッシュヒットが継続中(2018年12月4日現在)。20世紀フォックスによる『ボヘミアン・ラプソディ』に続くヒットをユニバーサルは狙うことになるわけだが、報道によれば、本企画はプリンスの伝記映画ではなく、オリジナル脚本のミュージカル作品になるという。

すでにユニバーサルとプリンス財団は映画についての話し合いを進めており、両社はプリンスの伝記作品としての側面は、プリンス自身が主演を務めた自伝的映画『プリンス/パープル・レイン』(1984)が十分に捉えていると判断したとのこと。独創的なオリジナル作品を求めて、すでに脚本家・プロデューサー候補との面会が行われているようだ。スタジオ幹部は、プリンスの名曲が映画のストーリーを転がしていく、同じくユニバーサル製作の『マンマ・ミーア!』シリーズに近い内容を望んでいるとされる。

映画のエグゼクティブ・プロデューサーを担当するのは、プリンス財団のエンターテインメント・アドバイザーであり、ジョン・レジェンドやレディー・ガガらを世に送り出したトロイ・カーター氏。ストリーミング・サービス「Spotify」の幹部を務めていた音楽業界の重要人物だ。プリンスの楽曲群を世界的に独占で扱っている、米Universal Music Publishing Groupのジョディ・ガーソン氏も携わる。

なお、ユニバーサルは『マンマ・ミーア!』のほか、『ピッチ・パーフェクト』シリーズや『レ・ミゼラブル』(2012)といった人気ミュージカル映画を複数製作している。今後はワム!の有名楽曲をフィーチャーした『ラスト・クリスマス(邦題未定、原題:Last Christmas)』や、同名ミュージカル作品を映画化する『キャッツ(邦題未定、原題:Cats)』も待機中だ。

Source: Variety, THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly