Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』監督が怪獣作品を手がける ─『プロジェクト・ネメシス』ドラマ化決定、『ワイルド・スピード』プロデューサーも参加

プロジェクト・ネメシス
『プロジェクト・ネメシス』(角川文庫)

『ジョン・ウィック』シリーズのチャド・スタエルスキ監督が、ドラマシリーズで怪獣を題材とした作品を手がけることがわかった。米Deadlineが報じている。

監督と製作総指揮を兼任するスタエルスキは、ジェレミー・ロビンソンによる人気小説、『プロジェクト・ネメシス』をドラマ化するとのこと。日本では角川文庫より発売されている同小説は、アメリカ・ボストンで暴れ回る巨大な怪獣に立ち向かう人類を描く作品だ。Deadlineにて説明されている同小説のあらすじは以下の通り。

「ネメシスというギリシャ神話の復讐の女神のDNAと、何者かに殺されたひとりの少女が融合。トラウマを抱えた怪獣は犯人を求めて、メイン州の奥地から、ボストンの街中まで暴れ回る。この異世界の脅威への対応を指揮するのは、アメリカ合衆国国土安全保障省の超常現象部門を率いる捜査官、ジョン・ハドソンだ。」

製作スタジオは、Sony TVが担当。製作総指揮にはスタエルスキのほか、『ワイルド・スピード』シリーズなどのニール・H・モリッツ、『ブラッドショット』(2020)などのトビー・ジャッフェ、「ザ・ボーイズ」(2019-)のパヴン・シェティとジェイソン・スピッツが名を連ねている。

本作の製作発表にあたりスタエルスキは、「『プロジェクト・ネメシス』の映像化に参加できるなんて、言葉にできないほど興奮しています。読み始めた瞬間から、僕はこの本の虜になりました。マーシャルアーツ、アクション、魅力的なキャラクターたち、そしてもちろん怪獣!この素晴らしいシリーズには、僕が大好きなジャンルであふれているんです」と、コメントを寄せている。いまやアクション映画を牽引する存在と言っても過言ではないスタエルスキだが、“怪獣”という新境地をどう調理してみせるのか、注目だ。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly