Menu
(0)

Search

エリザベス・オルセン、巨匠たちのマーベル批判に反論「クルーの価値を下げてしまう」

エリザベス・オルセン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48469187077/ Remixed by THE RIVER

ここ近年で顕著な巨匠監督たちによるマーベル映画批判に、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』に出演しているエリザベス・オルセンが反応した。同批判を巡っては賛否両論の声が見られるなか、当事者に分類されるオルセンはどう考えているのだろうか。

巨匠監督によるマーベル批判が目立つようになった発端は、2019年のマーティン・スコセッシによる「テーマーパーク」発言。マーベル作品を「映画ではなく最も近いのはテーマパーク」と形容したスコセッシ監督の持論は物議を醸し、それ以降、フランシス・フォード・コッポラやドゥニ・ヴィルヌーヴ、リドリー・スコット、ジェームズ・キャメロンといった巨匠たちが続き、マーベル映画への否定的な考えを述べた。(※)

(※)補足:巨匠監督たちはメディアからの質問に答える形でマーベル映画への持論を語っており、批判を主体的に行っているわけではない。

Independentは、これらの批判をマーベル俳優のエリザベス・オルセンに問いかけた。一連の話題を耳にしていたというオルセンは、巨匠たちの主な批判対象であるマーベル作品の性質や映画としての価値には着目せず、作品に携わるスタッフを擁護する形で、次のような考えを明かしている。

「私は、(マーベルが)インディペンデントのアート映画を作っているとは言いません。そうしたもの(批判)がクルーの価値を下げることになると思うと、イライラしてしまいます(原語:bugs me.)。最高のセットデザイナーや衣装デザイナー、カメラ技師だっているんですから。そんな彼らを軽視するような批判は、こうした(マーベル)映画も含めて授賞されるに値するような映画を手掛けてきた人たちの価値を下げてしまうことになってしまいます。」

巨匠たちの批判がスタッフの努力や実力にまで飛び火してしまうことの危険性を指摘したオルセンだが、批判自体については「俳優としては理解できる」とも述べている。「いろいろな種類のパフォーマンスがあるのは分かっていますから」。

もっともオルセンが強調するのは、やはり批判がもたらす身近な人々への影響だ。「マーベルを陥れるようなことは、とても才能のあるクルーの皆さんに失礼です」と、オルセンは仕事を共にしてきた仲間に敬意を払いながら、「こういうことには少し腹を立ててしまいます」と語った。

なお、オルセンが主演を務めたドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」は、MCUでは初となるエミー賞授賞を果たし、衣裳賞と美術賞、音楽賞にトロフィーが贈られた。まさしく製作クルーが評価された作品となった。

あわせて読みたい

Source: Independent

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly