Menu
(0)

Search

『パシフィック・リム:アップライジング』謎の漆黒イェーガー、オブシディアン・フューリーはデル・トロのアイデア、監督明かす

パシフィック・リム:アップライジング
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

映画パシフィック・リム:アップライジングに登場する、正体不明の黒いイェーガー、オブシディアン・フューリー。この機体にまつわるちょっとした裏話を、監督のスティーヴン・S・デナイト監督がTHE RIVERのインタビューで教えてくれた。

注意

この記事には、『パシフィック・リム:アップライジング』の内容が含まれています。

『パシフィック・リム:アップライジング』ジョン・ボイエガとスティーヴン・S・デナイト監督インタビュー
©THE RIVER

『パシフィック・リム:アップライジング』劇中で謎に包まれた史上最恐のイェーガーとして登場するのが、漆黒の機体を持つオブシディアン・フューリーだ。中国の天才美女科学者リーウェン・シャオが開発したドローン・イェーガーの承認を問うシドニーでの会議を狙って奇襲を仕掛けた。

本作を手がけたスティーヴン・S・デナイト監督がTHE RIVERに向けて明かしたところによると、このオブシディアン・フューリーは、前作のギレルモ・デル・トロ監督によるアイデアだったという。さらに監督は、オブシディアン・フューリーという名に落ち着くまでの裏話まで教えてくれた。

「オブシディアン・フューリーは、もともとは”ブラック・マリア”、次に”ブラック・マライア”という名前だったんです。僕はこっちが気に入ってたんですけど、マーベル・コミックの有名なヴィランの名で既に使われているということで、変更になったんですよ。

マーベル・コミックにおけるブラック・マライアとは、原作コミックでは「ルーク・ケイジ」に登場する犯罪集団の巨漢黒人女性ボスのこと。Netflixドラマ「ルーク・ケイジ」ではコミックの設定を変え、汚職にまみれた女性議員マライア・ディラードとして登場。保身と欲望のために次第に裏のヴィランとしての顔を深めていた。

Marvel ルーク・ケイジ
ドラマ「Marvel ルーク・ケイジ」のマライア・ディラード。Myles Aronowitz/Netflix

『パシフィック・リム:アップライジング』でもともと希望されていた「ブラック・マライア」の名は、このキャラクターの名称と被ってしまうために、権利の都合上断念したということだ。ちなみに「オブシディアン・フューリー」の名は、Obsidian=黒曜石、Fury=憤激の意味を持つ。『新世紀エヴァンゲリオン』をも思わせる意外な変貌に驚いた方も多いのでは。

『パシフィック・リム:アップライジング』公式サイト:http://pacificrim.jp/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly