Menu
(0)

Search

『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告編、到着!新田真剣佑、ついにイェーガーに乗り込む

パシフィック・リム:アップライジング
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

映画『パシフィック・リム』(2013)の続編、『パシフィック・リム:アップライジング』より日本版本予告編が到着した。このたび公開された映像には、注目の日本人キャスト・新田真剣佑がイェーガーの操縦席に乗り込む姿がついに解禁されている。
前作を手がけたギレルモ・デル・トロ監督は、第90回(2018年)アカデミー賞において、最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』で作品賞・監督賞など4冠を獲得。その意志を継いでメガホンを取るのは、ドラマ『Marvel デアデビル』(2015-)のスティーヴン・S・デナイト監督だ。

『パシフィック・リム:アップライジング』では、前作から10年後の地球を舞台に、進化を遂げたKAIJUと人類との激闘が描かれる。新たな主人公として新世代のイェーガーに乗り込むのは、『スター・ウォーズ』新3部作でフィン役に抜擢されたジョン・ボイエガ、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)のスコット・イーストウッドら。KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)、森マコ(菊地凛子)も登場する。

到着した日本版本予告編では、獰猛なうえ複数で群れをなすKAIJUや、イェーガーが見上げなければならないほど巨大なKAIJUが東京の街を蹂躙するなか、日本から新たに参戦するリョウイチ(新田真剣佑)が、バトルスーツに身を包んでイェーガーに乗り込む姿が収められている。
また本作の見どころは、前作以上に豊かなアクションシーンが期待できるバラエティ豊かなイェーガーたち。KAIJUの身体を駆けあがって斬りかかる機動力抜群のセイバー・アテナ、全身に武器を仕込んだブレーサー・フェニックス、電磁鞭を自在に操るガーディアン・ブラーボ、強力な拳とチェーンソードが特徴的な“主人公”ジプシー・アベンジャー、そして謎の機体オブシディアン・フューリー。さて、新田真剣佑演じるリョウイチは、どの機体に、誰と一緒に乗ることになるのだろう?

なおスティーヴン・S・デナイト監督は、新田真剣佑について「本当に素晴らしかったですよ。この役に全身全霊で当たってくれました。“4ヶ月で一番いい体に仕上げてきて”と伝えたら、すごく過酷なトレーニングを積んできてくれて。そのがんばりを受けて、さらにパートを増やして撮影したんです」とコメント。なんと、努力によって出演シーンを勝ち取ったということなのか……!

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月13日(金)より全国ロードショー

『パシフィック・リム:アップライジング』ウェブサイト:http://pacificrim.jp/

©Legendary Pictures/Universal Pictures.

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly