Menu
(0)

Search

『シェイプ・オブ・ウォーター』監督、撮影現場で車に轢かれかけていた ― 「これは死ぬな、って思った」

(C)2017 Twentieth Century Fox

2018年(第90回)アカデミー賞で作品賞・監督賞・作曲賞・美術賞の4部門を受賞した映画『シェイプ・オブ・ウォーター』。この作品の撮影現場で、どうやらギレルモ・デル・トロ監督が車に轢かれかけていたらしい。監督本人の口から、“あわや大惨事”のエピソードが語られている。

(C)2017 Twentieth Century Fox

マイケル・シャノン、まさかの駐車ミス

米The Hollywood Reporter誌の座談会に登場したデル・トロ監督は、「撮影の日々で最悪だったことは?」と尋ねられて、「(撮影)初日はそんなこと思わないんですが、2日目はダメでしたね。65日(編注:撮影期間)中、64日は大変でした」と答えている。なにやらネガティブだが、そこから自身が車に轢かれかけたエピソードが明らかにされているのだ。

「マイケル・シャノンが車を停めて、降りてきて、階段を駆け上がるシーンがあったんですよ。実際にシャノンが車を停めて、降りてきたんですが、車のギアが“ドライブ”のままになっていて。古い車だったので、ずっと動き続けるわけです。マイケルは急いで車を止めようとしたんですが、車はマイケルを引っぱっていって。
マイケルが諦めたら、車は杭にぶつかって、水が噴き出してきて。次の杭にぶつかったら、今度はまっすぐ撮影機材に向かってきたんです。みんなが“逃げろ!”って言ってたんですが、僕は人生で一度も走ったことがないので(笑)。“あ、これは死ぬな”って思ったんですが、車は最後の杭で止まったんですよ。地面に固定されてたおかげで。みんな怖がってました。」

幸いにも車はセットを壊さずに済んだようだが、それにしても危機一髪である。マイケルは頭を抱えていたというが、デル・トロ監督はこの事故も「うまくいかなかったことのひとつにすぎませんよ」と述べている。ネガティブなのか、それともポジティブなのか。

ちなみにこの座談会には、『ワンダーウーマン』(2017)のパティ・ジェンキンス監督や『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーブ監督、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(3月30日公開)のジョー・ライト監督らが参加していた。デル・トロ監督の語り口ゆえ、時に爆笑が起こっているものの、このエピソードを聞く監督たちの表情たるや……。

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』は2018年3月1日より全国の映画館にて公開中

Sources: https://screenrant.com/guillermo-del-toro-nearly-hit-car-filming-shape-water/
https://www.hollywoodreporter.com/features/director-roundtable-guillermo-del-toro-greta-gerwig-more-creative-fears-going-a-deep-dark-place-1065228
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly