Menu
(0)

Search

PS4『スパイダーマン』先行レビュー ─ やり込み要素タップリ!オープンワールドのNYを華麗にウェブスイング

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

大人気ヒーロー、スパイダーマンとなってニューヨークの街を舞台に悪との戦いを繰り広げるオープンワールドアクションアドベンチャー『Marvel’s Spider-Man』(PS4®用ソフトウェア)が、2018年9月7日(金)より発売となる。THE RIVERでは、この大注目作の冒頭数十分間をいち早くプレイ。そのレビューをお届けしたい。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

爽快アクションは「初心者でもすぐマスター、ゲーマーには奥深い」

筆者は、そこまで熱心なゲーマーではない。たまにFPSゲームやアドベンチャーゲームをプレイするくらいで、テクニックはあまり持ち合わせていないものと思っている。それなのに、プレイ開始後わずか数分後にして、すぐにニューヨークの街を自由にスイングし、華麗なアクションで悪党を退治する自分がいた。

本作開発のインソムニアック・ゲームズでコミュニティ・ディレクターを務めるジェームズ・スティーヴンソン氏にお話を伺うと、スパイダーマンのアクションでは「初心者でもすぐマスターできて、ゲーマーには奥深さを感じてもらえる」ことを意識したという。確かに、スパイディならではパルクールやウォールラン、ウェブスイングは、直感的な操作性で自然と身に付けることができる。もったいぶることもなく、いきなりスパイダーマンの世界にどっぷりと浸れるのだ。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

これには、本作のストーリー性も大きく関係している。思えば、これまでのスパイダーマン映画では、トビー・マグワイア版にしてもアンドリュー・ガーフィールド版にしても、まずはスパイダーマンとしての能力に目覚める部分から物語を追わなければならなかった。15歳の高校生ピーターを演じたトム・ホランド版も、スーツが与える未知のテクノロジーに少しずつ慣れていく「新米」段階の活躍を描いていた。

一方で本作におけるピーター・パーカーは、高校生や大学生ではなく、23歳の大人の男性。スパイダーマンとしては既に8年の活動を経て、ヒーローとして既に成熟している。大学を卒業し、科学者としてのキャリアを歩み始めているところで、ヒーローとしては既に街の警察官との信頼関係も築かれている状態だ。ゲームスタートのその瞬間から、スパイディならではのアクションを存分に楽しむことができる。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

ゲームのごく序盤では、「デアデビル」でお馴染みのウィルソン・フィスクとの対決が待っている。これはプレイのチュートリアルも兼ねていて、フィスクやその手下との戦闘を経て一通りの操作を学べるようになっている。

操作はとにかく快適で、コンボ技を駆使して悪党を次々と叩きのめしていくのは最高に気持ちがいい。おなじみ「スパイダー・センス」ももちろん反映されていて、敵の銃弾やパンチが迫る瞬間を察知して鮮やかに回避する様が爽快。誰でもスムーズに華麗な技をキメることができるが、かといってプレイが単調になることはない。近接攻撃・空中コンボ・ステルス攻撃・ハイテクガジェットの使用など数々の選択肢が用意され、プレイヤーは創意工夫によって自分だけの戦術を作り出すことができる。確かに奥深い。

やり込み要素抜群のオープンワールド

ストーリーを進行する上で驚いたのが、ニューヨークの街の各地に散りばめられたサイドクエストやアクティビティ、収集品の多さだ。美しいグラフィックで再現されたニューヨークの街並みは、インソムニアック・ゲームズ作品史上最大の広さで作り込まれ、様々な高さのビルが立ち並んでいる。スイングしたり散策しているだけでも楽しいのだが、スパイダーマンの住む街に犯罪は付き物。各地で起こる犯罪現場に駆けつけ、様々な事件の解決に挑むことができる。ストーリーの進行につれて、街の様子にも変化が現れるという。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

また、スパイダーマン/ピーター・パーカーと言えば、カメラマンとしての一面も。今作でも、ニューヨークの各地で写真撮影が可能だ。もちろん、ここはマーベル世界のニューヨーク。アベンジャーズ・タワーや、ドクター・ストレンジの館サンクタム・サンクトラム、ワカンダ大使館などマーベルならではのランドマークをバックに記念撮影ができるかも。

他にもやり込み要素はタップリ。スパイダーマンには3種類に分類されるスキルツリーが存在し、数十種類のスキルから好きな技を習得していくことができる。ゲームを進めるにつれて、プレイはよりアクロバティックに進化していく。

独自のスパイダーマン・ストーリー

アクションだけでなく、大人になったピーター・パーカーが繰り広げるシネマティックなストーリーも楽しみだ。ピーターは、デイリー・ビューグルのジャーナリストになったMJとくっついたり離れたりを繰り返している。ゲーム内では、MJを操作する場面も存在する。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

ジェームズ氏によれば、ストーリーのポイントとなるのは「ピーターの世界とスパイダーマンの世界が衝突する」こと。優秀な科学者でもあるピーターは、多くの人の助けになるであろう科学者としてのキャリアと、やはり多くの人々を救うスパイダーマンとしての活動を、どのように選ぶべきか葛藤している。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

スパイダーマンやマーベルのファンにとっても嬉しいキャラクターも多数登場。ヴィランとしてはフィスクのほか、シニスター・シックスとしてミスター・ネガティブ、エレクトロ、ライノ、スコーピオン、バルチャーが登場。サプライズ・キャラクターにも期待できるという。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

また、このゲームのニューヨークでは、ノーマン・オズボーンが市長を務めている。オズボーンは、シニスター・シックス出現への対策として、映画化も決定しているシルバー・セーブルの傭兵団を導入するのだ。

全く新たなデザイン

今作におけるスパイダーマンは、白いスパイダー・マークを大胆にあしらった新たなデザイン。ジェームズ氏は、「全く新しいスパイダーマンのスーツを作ろうと決めた時、23歳のピーター・パーカーならどんなデザインにするだろうかと考えました。スパイダーマンらしさを尊重することはもちろん、実用的なデザインになるようこだわっています」と紹介する。胸のスパイダー・マークにも使用された白い部分はカーボン・ファイバーであり、手首やかかと部分にも見られる。これは、パンチなどの衝撃を吸収できるように、という設定なのだそうだ。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

マーベル・シネマティック・ユニバースとしては『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場したスパイダーマンは、マスクの目の部分がコミックさながらに伸縮する設計が最大の特徴だったが、今作のマスクも同じように伸縮する。実はこのデザイン、MCU版が登場するより前から進められていたもので、MCU版と同様になったのは偶然なのだとう。ジェームズ氏は、「MCUとも同じ発想になっていて、嬉しかった」と語った。

ということで、ピーター・パーカーの顔つきがどことなくアンドリュー・ガーフィールドやトム・ホランド両人を彷彿とさせる気がするのも偶然。デザインはモデルの表情をキャプチャーして描かれてたという。「ピーター・パーカーらしいモデルを探すのは大変でした。誰も”ピーターらしい顔”を定義できなくて。この役のために、沢山のモデルや俳優の顔を見て探しました。」

また、今作では様々なルックのスパイダーマンを操作することもできる。映画ファンにとって嬉しいことに、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のアイアン・スパイダーを再現したスーツも登場。ちなみにパッケージ版初回生産限定特典/Digital版事前予約特典としてゲットすると、ゲーム初期段階からすぐに使用できる。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム
© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

この日は1時間ほどプレイして、体験できたのはこの広いスパイダーマン・ワールドのわずか導入部分のみ。爽快感タップリのスタイリッシュなゲーム性ながら、かなり長い間遊べるであろう「やり込み要素」も充分に感じられた。

PS4®用ソフトウェア『Marvel’s Spider-Man』は、2018年9月7日(金)発売。スパイダーマンとなって自由に街をスイングする夢が叶うぞ。パッケージ版の初回生産限定特典、およびDigital版の事前予約特典として、「スパイディ・スーツ」セット、追加スキルポイント、スパイダー・ドローン早期開放、PS4®用テーマ、PSN用アバターが手に入る。

『Marvel’s Spider-Man』公式サイト:https://www.jp.playstation.com/games/marvels-spider-man/

© 2018 MARVEL
©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly