PS4ゲーム『スパイダーマン』は「マーベル・ゲーム界の『アイアンマン』に」 ― 開発者が製作の思い明かす

2018年9月7日(金)に発売されたスパイダーマンの最新ゲーム、PS4®用ソフトウェア『Marvel’s Spider-Man』は世界各国で優れたセールスを記録、発売後3日間で世界累計330万本を販売してPlayStation®史上最高記録を樹立した。プレイヤーやメディアからの評価も極めて高く、早くもSNS上では続編を求める声や、「ほかのヒーローもゲーム化してほしい」との要望が相次いでいる。

開発を担当した米Insomniac Gamesにとって、こうした反応はまさに「願ったり叶ったり」だっただろう。本作のクリエイティブ・ディレクターを務めたブライアン・インティハー氏は、かつてマーベル・シネマティック・ユニバースを『アイアンマン』(2008)が形づくり、切り拓いていったように、『Marvel’s Spider-Man』を“マーベル・ゲーム界の『アイアンマン』”にしたかったと話しているのだ。

Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)PS4ゲーム

© 2018 MARVEL ©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Insomniac Games, Inc.

米Kinda Funny Gamesのビデオポッドキャストに登場したブライアン氏は、『Marvel’s Spider-Man』製作中の思いを語っている。

「ちょっと面白い話なんですけど、マーベルとは“この作品は『アイアンマン』だ、ここから始まるんだ”という話を何度もしていました。早いうちから、これは『アイアンマン』だから失敗できないと。僕たち(Insomniac Games)にとっても、マーベルにとっても、ソニーにとっても大きな作品です。PlayStationも大きなリスクを背負っている。だから毎日、このゲームを『アイアンマン』にしなきゃいけないと思っていましたね。」

マーベルのゲーム部門でエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターを務めるビル・ロスマン氏も、この発言について「まさしくそのように捉えていた」と反応している。そして「マーベル・シネマティック・ユニバースが初めてヒットした時のように、『Marvel’s Spider-Man』はマーベル・コンソール・ゲームの新時代の幕開けだ」と。

 

以前のインタビューにて、ブライアン氏は続編について「(今のところ)お知らせすることは何もありません」と述べつつ、今後配信される追加ストーリーDLC「摩天楼は眠らない」などを含めて「とにかく遊び続けてほしい」と話していた。空前のセールスと評価で話題をさらった本作、この人気が続けばきっと新作が実現するはず…!

PS4®用ソフトウェア『Marvel’s Spider-Man』は2018年9月7日(金)より発売中。作品内容や商品情報、追加ストーリーDLC「摩天楼は眠らない」の詳細については以下公式サイトをご覧いただきたい。

『Marvel’s Spider-Man』公式サイト:https://www.jp.playstation.com/games/marvels-spider-man/

Sources: Kinda Funny Games, Bill Roseman, ComicBook.com

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。