Menu
(0)

Search

PS5ゲーム『スパイダーマン:マイルス・モラレス』発売決定、米予告編が公開 ─ プレイステーション5、注目作28タイトル発表

https://www.youtube.com/watch?v=gHzuHo80U2M

2020年6月12日(金)、次世代コンソールゲーム「プレイステーション®5」PS5™)の本体デザイン&ゲームラインアップが発表された。数多のビッグタイトルが並ぶなか、THE RIVERの注目は、なんといっても『Marvel’s Spider-Man』に続く新作『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』(原題)。開発は前作に続き、米Insomniac Gamesが担当している。まずは米国版トレーラー映像をチェックしてみよう。

「ヒーローとは諦めない者のことだ、君のお父さんはそう言ってた。彼は正しかったよ。さあ、君の出番だ」。予告編でマイルス・モラレスに語りかけるのはピーター・パーカーだ。「ヒーローになれ、マイルス」。映像には、謎のエネルギーによってスパイディスーツを引き裂かれ、叫び声をあげるマイルスの姿が映し出される。「オーケー、やってやる」。

ジェイデン・スミス ft. キッド・カディによる楽曲「On My Own」とともに、ニューヨークであろう街並みにて戦うマイルスの様子は、前作をしのぐ“スパイディ体験”を期待させるには十分だ。映像は前作のフレーズでもあった「BE GREATER(より素晴らしく)」とともに、「BE YOURSELF(自分らしく)」のメッセージにて締めくくられている。

前作『Marvel’s Spider-Man』にも登場したマイルス・モラレスだが、本作ではいよいよタイトルロールを担う。素直に考えれば本作は続編となりそうだが、マイルスといえば『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)も記憶に新しく、展開の可能性も無限にある以上、どんな仕掛けが待っているのかはまだ未知数。ピーターとの関係性がどう描かれ、“ゲームならではの”マイルス・モラレス=スパイダーマン誕生譚が紡がれるのかが今から楽しみだ。リリースは2020年のホリデー・シーズンを予定しているという。

「プレイステーション5」

「プレイステーション5」には、Ultra HD Blu-rayディスクドライブを備えたスタンダードモデル、ディスクドライブがないデジタル・エディションの2種類が登場する。“未来のゲーム体験”を実現する新作タイトルとして発表されたのは、『Marvel’s Spider-Man Miles Morales』を含めて計28タイトル。そのうちのほとんどがPS5独占発売、もしくはコンソールゲーム機における独占発売となる。なお、PS5の価格やさらなる詳細は後日発表予定だ。

 

このほか注目のタイトルには、人気シリーズの最新作『バイオハザード ヴィレッジ』『グランツーリスモ7』『ヒットマン3』『ラチェット&クランク: リフトアパート(原題)』や、『Horizon Zero Dawn』の続編となる『Horizon Forbidden West』。スクウェア・エニックス最新作『Project Athia(仮題)』もある。

さらには、近未来の月面を舞台としたアクション『Pragmata』、人工のほとんどが死滅した東京にて霊たちと戦う『Ghostwire: Tokyo』、暗殺者が殺し合っては何度も蘇る『DEATHLOOP』、ローンチタイトルとなる大作アクションRPG『Godfall』(すべて原題)も注目作。もはや全タイトル話題作という強力ラインナップ、PS5への力の入りようがうかがえるというものだ。このたび公開されたトレーラーで、それぞれの作品の一端を味わってほしい。

なお、6月12日に実施された配信イベントの模様は以下のアーカイブ映像をチェック。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly