Menu
(0)

Search

PS5『スパイダーマン:マイルス・モラレス』物語は前作の1年後、ニューヨーク・ハーレム地区が舞台に ─ 「単独ゲーム、新たな物語」再強調

https://www.youtube.com/watch?v=_UO5SOL7ym0

PS5ソフト『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』(原題)の物語の舞台や設定、創作の背景などを、開発を務めるInsomniac Gamesのクリエイティブ・ディレクター、ブライアン・ホートン氏が米PlayStation.Blogにて明かしている。あわせて、ホートン氏とシニア・アニメーターのジェームズ・ハム氏が作品について語る映像も公開された。

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』については、発表直後からファンや一部メディアの間で混乱が生じていた。ソニー・インタラクティブエンターテイメントの幹部が、本作はPS4ソフト『Marvel’s Spider-Man』の強化版・拡張版であると発言したのだ。もっとも、直後にInsomniacは「独立した作品」だとしてこれを否定。今回もホートン氏は「単独のゲームであり、スパイダーマン・ユニバースに欠かせない新たな冒険」だと強調。プレイヤーは新しい物語と舞台、ヴィラン、ニューヨークを飛び回ってのアクションを体験することになる。

物語の時系列は、前作『Marvel’s Spider-Man』から1年後の冬。クリスマス直前、雪に覆われたニューヨークを舞台に、エネルギー会社と、優れたテクノロジーを有する犯罪組織の抗争が発生する。戦いの中心となるのが、マイルス・モラレスの新たな住まいである、マンハッタン北部のハーレム地区なのだ。ホートン氏によれば、もちろんピーター・パーカーは健在とのこと。「語るべきピーターの物語はたくさんありますが、今回はマイルスの物語。我々のスパイダーマン・ユニバースになくてはならない存在です」。

本作のポイントは、マイルス・モラレスが、メンターのピーター・パーカーとは異なるスパイダーマンであること。ホートン氏は「ゲームをプレイした時、新しいスパイダーマンだと思ってもらいたい」と語り、ハム氏は「移動のしかたも、戦い方もユニーク。スイングする時は(ピーターより)ちょっと激しく揺れるんです」と解説した。電撃や透明化など、ピーターにはない能力も遊びどころになる。

Insomniacは前作の開発終了後、「マイルズのオリジン・ストーリーは単独作品でなければならない」として本作に着手してきたとのこと。ハム氏は「マイルスはとても重要なキャラクター。表現することが大切」であるとして、「黒人のスーパーヒーローだということだけでなく、スーパーヒーローがたまたま黒人だったということが重要」だと語った。なお、作品としては既報の通り、『アンチャーテッド』シリーズの追加エピソードである単独作品『アンチャーテッド 古代神の秘宝』に近い位置づけになるという。

なお本作では、PS5ならではの技術により、前作よりもキャラクターや街並みの表現が強化される。ロード時間のさらなる短縮や、新コントローラー「デュアルセンス」の登場もあいまって、ホートン氏によれば「マイルスの物語を、まったく新しい形で見て、聴いて、感じてもらえる」というから、ゲーム体験としての革新も楽しみだ。ちなみに、先日公開された予告編は「ほんの表面だけ」。今後、さらなる情報が届けられるという。

プレイステーション5専用ソフト『Marvel’s Spider-Man Miles Morales(原題)』は2020年発売予定

あわせて読みたい

Source: PlayStation.Blog, PlayStation

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly