Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:スパイダーバース』監督、シュレック『長ぐつをはいたネコ』続編映画に就任

スパイダーマン:スパイダーバース

第91回(2019年)アカデミー賞にて長編アニメーション賞を受賞した『スパイダーマン:スパイダーバース』のボブ・ペルシケッティ監督が、人気アニメ『シュレック』シリーズのスピンオフ『長ぐつをはいたネコ』(2011)続編映画に監督として就任した。米Deadlineなどが報じている。

『スパイダーマン:スパイダーバース』はアカデミー賞をはじめ、ゴールデングローブ賞や“アニメ界のアカデミー賞”ともいわれるアニー賞など数々の映画賞に輝いてきた。「スパイダーマン映画史上最高傑作」、時には「ヒーロー映画最高傑作」とまで評される本作を生み出したのが、製作総指揮のフィル・ロード&クリス・ミラー、そして監督を務めたボブ・ペルシケッティ&ピーター・ラムジー&ロドニー・ロスマンである。

監督チームのトップクレジットとして『スパイダーバース』を牽引したボブ監督は、1997年にディズニー・アニメーション・スタジオでキャリアをスタートさせた熟練者。『リトルプリンス 星の王子さまと私』(2015)で脚本を執筆したほか、『シュレック2』(2004)や『モンスターVSエイリアン』(2009)でストーリーボード(絵コンテ)を担当。前作である『長ぐつをはいたネコ』ではヘッド・オブ・ストーリー(Head of Story)として、ストーリーボード・チームを統括する役職を務めていた。今もっとも気を吐くクリエイターのひとりが、人気シリーズに新たな風を吹かせることになりそうだ。

シュレック
『シュレック』© Paramount Pictures 写真:ゼータ イメージ

『シュレック』シリーズと『長ぐつをはいたネコ』については、2018年11月に、『怪盗グルー』シリーズや『ミニオンズ』(2015)の米イルミネーション・エンターテインメントによってリブートされることが報じられていた。2019年2月27日現在、ボブ監督が就任したのは「続編」として伝えられているが、詳細は続報を待ちたい。なお『長ぐつをはいたネコ』続編では、イルミネーションのクリス・メレダンドリ社長の代理という形で、前作のプロデューサーであるラティファ・ワウが企画開発を指揮するという。

『長ぐつをはいたネコ』には、主演のアントニオ・バンデラスをはじめ、サルマ・ハエック、ザック・ガリフィアナキス、ビリー・ボブ・ソーントンといった豪華ボイスキャストが出演していた。現時点で続編に声優陣が復帰するかどうかは不明だが、リブート報道当時、クリス社長は声優陣を再集結させる意向を示している。なお、本作の劇場公開時期は発表されていない。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月1日(金)・2日(土)・3日(日) IMAX先行上映。2019年3月8日(金)より全国ロードショー

『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイト:http://www.spider-verse.jp/

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly