Menu
(0)

Search

『プロミシング・ヤング・ウーマン』1週間早い先行上映が決定、7月9日より東京・大阪TOHOシネマズにて

プロミシング・ヤング・ウーマン
©2020 Focus Features, LLC.

2021年度の賞レースを圧巻した話題作『プロミシング・ヤング・ウーマン』が、2021年7月16日の全国公開から1週間早い7月9日(金)より、TOHOシネマズ日比谷&TOHOシネマズ梅田にて先行公開されることが決定した。

日本版予告編が公開されるやいなや、爆発的な再生回数をたたき出した本作には、「待ち切れない」「早く観たい!」との熱烈な声が寄せられている。奇しくも、アカデミー賞に輝き、ポン・ジュノ監督がネタバレ禁止と願った『パラサイト 半地下の家族』(2019)と同様の措置が取られる形だ。

ただし、本国アメリカからは次のようなメッセージが到着している。「復讐は鮮度が命。この映画を観たあとキャシーの計画をバラさないで下さいね。なぜなら、これは彼女が語るべきストーリーだから」。

プロミシング・ヤング・ウーマン
©Focus Features

30歳を目前にしたキャシー(キャリー・マリガン)は、ある事件によって医大を中退し、今ではカフェの店員として平凡な毎日を送っている。その一方、夜ごとバーやクラブにひとりで繰り出し、泥酔したフリをして、自らに課したミッションを遂行していた。

ある日、大学時代のクラスメートで現在は小児科医となったライアン(ボー・バーナム) がキャシーが働くカフェを訪れる。この偶然の再会こそが、キャシーに恋心を目覚めさせ、同時に地獄のような悪夢へと連れ戻す。そして、キャシーの親友の未来を奪った悲惨な事件に関わった全ての者への復讐心をも覚醒させることになる……。

プロミシング・ヤング・ウーマン
©2020 Focus Features, LLC.

監督は、ロマンティック・コメディと復讐劇を融合させた独創的な自身の脚本で、初の長編映画を手がけたエメラルド・フェネル。アカデミー賞では、監督&脚本賞にてダブルノミネートし、脚本賞を見事に受賞した。

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』は、2021年7月9日(金)TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ梅田にて先行公開。7月16日(金)より全国公開。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly