Menu
(0)

Search

アカデミー賞脚本賞『プロミシング・ヤング・ウーマン』予告編 ─ キャリー・マリガン、お持ち帰り男たちに裁きを下す

プロミシング・ヤング・ウーマン
© Universal Pictures

『ワイルドライフ』(2017)などのキャリー・マリガン主演、映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』が、2021年7月16日(金)より日本公開される。世界中の映画賞をはじめ、アカデミー賞脚本賞にも輝いた本作。この度、日本語版予告編が到着している。

30歳を目前にしたキャシー(キャリー・マリガン)は、ある事件によって医大を中退し、カフェの店員として平凡な毎日を送っている。その一方、夜では泥酔したふりをして、バーでお持ち帰りしようとする男たちに裁きを下していた。ある日、大学時代のクラスメートで、現在は小児科医となったライアン(ボー・バーナム)が、キャシーのカフェに突然現れる。この偶然の再会こそが、キャシーに恋ごころを目覚めさせ、同時に地獄のような悪夢へと連れ戻すことになる……。

キャシーがバーで酔って、ソファーで眠り込む場面から始まる本予告。その様子を見て「まるで誘っているみたいだ」と居合わせた男たちの無分別な言葉が反響し、気づいたときにはベッド。しかし、これはすべてキャシーの計画通りだった。「何やってんの?って聞いたんだよ」と、シラフの彼女が放った言葉に驚愕する男たち。彼女は泥酔したフリをして、お持ち帰り男に裁きを下すのだった。

そんな日常の中、ライアンと偶然再会する。この出会いをきっかけにゲームチェンジ。キャシーの過去に起きたある事件への復讐劇の幕が開く。まさにキャシーの怒りは限界突破。TOXICのメロディに乗って、スイートなキャンディで包んだ猛毒が全身を駆け巡る、復讐エンターテインメントが、ついに日本上陸だ。

監督は、ロマンティック・コメディと復讐劇を融合させた独創的な自身の脚本で、初の長編映画を手がけたエメラルド・フェネル。アカデミー賞では、監督&脚本賞にてダブルノミネートし、脚本賞を見事に受賞した。主人公を演じたキャリー・マリガンは、「キャリア最高の演技」と批評家たちから絶賛を浴び、多くの賞を獲得している。

プロミシング・ヤング・ウーマン
© 2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』は、2021年7月16日(金)TOHOシネマズ 日比谷&シネクイントほか全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly