Menu
(0)

Search

『クワイエット・プレイス』の「真新しい第3作」が新始動、2025年に米公開とジョン・クラシンスキー

クワイエット・プレイス PARTII
(C) 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

“音を立てたら、即死”。サバイバル・ホラーシリーズ『クワイエット・プレイス』シリーズのスピンオフとなる「真新しい第3作」が正式に動き出したことが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

シリーズ前2作で監督・脚本・製作総指揮・出演の4役を担ったジョン・クラシンスキーが、米ViacomCBSの投資家会議にて、『A Quiet Place III』と呼ばれている『クワイエット・プレイス』の“真新しい第3作”の開発が進行中で、2025年に米国公開されると発表したとのこと。

Deadlineをはじめとする複数メディアは、『A Quiet Place III』は、以前にプロジェクトが進行中だと発表され、2023年9月に米公開されるシリーズ第3作『A Quiet Place Part III(原題)』とは別の作品となり、同じユニバースに存在しているスピンオフだと伝えている。

ところが、米Paramount+の米公式Twitterの投稿では、2025年に公開されるのは『III』ではなく『Part III』だとツイートされている。ということは、2023年にリリースされる映画がスピンオフで、2025年に公開されるのがシリーズ第3作ということなのだろうか……。ちなみに、米映画データベースサイトIMDbでは、『Part III』は2023年に公開されるとクレジットされている。

各媒体で情報が異なっているため混乱してしまうが、『Part III』の方は、監督を降板した『MUD -マッド-』(2012)のジェフ・ニコルズの代わりに、ニコラス・ケイジが主演する『Pig(原題)』で高い評価を受けた新鋭マイケル・サルノスキが監督に就任。クラシンスキーのオリジナル案をもとにサルノスキが脚本も手がけ、クラシンスキーと共にマイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー、アリソン・シーガーら『クワイエット・プレイス』シリーズのチームが集結する。

現時点では、『III』&『Part III』ともに設定や時制などの詳細はベールに包まれており、キャストも発表されていない。続報に注目しておきたい。

Source:Deadline , Twitter , IMDb

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly