Menu
(0)

Search

クイーン+アダム・ランバート初のライブ・アルバム発売決定、予告編映像が公開

クイーン+アダム・ランバート(Queen+Adam Lambert)が、初のライブ・アルバム『ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド』をリリースする。2020年10月2日、CD、CD+DVD、CD+Blu-ray、アナログ盤にて全世界で発売だ。

クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーがアダム・ランバートと初共演を果たしたのは、2009年、ランバートが出場していた米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』シーズン8のフィナーレに2人がゲスト出演した時のことだ。以来、クイーン+アダム・ランバートは躍進の一途をたどり、世界最大の動員力を誇るツアー・バンドの一つとなった。最も近いところでは、オセアニア・ツアー(*2020年2月)を完売。中でもシドニーのANZスタジアム公演では、一夜限りのライヴに記録を塗り替える6万人以上の観客が詰めかけた。それを含め、これまでに彼らは世界各地で累計400万人近い観客を動員している。

もしも時を異にしていたなら、今頃ブライアン、ロジャー、アダムの3人は、ヨーロッパ9カ国27公演という、さらなる大規模ツアーを終えたばかりのはずであった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年夏に予定されていた英欧ツアーは来年への延期を余儀なくされた。クイーン+アダム・ランバートはそれを念頭に、今回の延期で落胆している約50万人のチケットを保有するファンの人々に、慰めとなる何かを行おうと、その方法を模索した。

そこでまず彼らが目を向けたのが、YouTubeだ。 彼らにとってYouTubeは、以前よりなじみ深いプラットフォームであり、バンド公式チャンネルの登録者数は1,250万人を数える。今回、彼らは特別に、<クイーン+アダム・ランバート:ツアー・ウォッチ・パーティー>と題するオンライン・イベントを開催。これは、彼らが今までに世界各地で行ってきたツアーのライヴ映像から様々なハイライトを選び抜き、約1時間にまとめた番組を公開するという企画だ。世界規模でライヴ活動が一時的な機能停止状態に陥っている状況の中、このような形で世界各地のファンから積極的な参加を得られたことは、「それでもショウは続けることが可能だ(“The show could still go on”)」という証明となった。だが強く心を動かされたのは、この特別番組を視聴した50万人以上のファンだけではない。深い感銘を受けたのは、バンド自身も同様であった。

「僕らはずっとツアー、ツアーであまりに忙しかったから、今までこういったクリップをじっくり見る機会がなかったんだ」と述べているのは、ロジャー・テイラーだ。「だから、このバンドがどれほど素晴らしい音を鳴らしているのか、自覚がなかったんだよ。それで、この8年の間にアダム・ランバートと一緒に行ったコンサートの中から、ハイライトを集めたライヴ・アルバムを作るのはどうかと考えたんだ」。

先頃のインタビューでも仄めかされていた通り、クイーン+アダム・ランバートはこの度、初のライヴ・アルバム『ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド』(原題:Live Around The World)の発売を決定。同アルバムは、CD、CD+DVD、CD+Blu-ray、そしてアナログ盤の各フォーマットで、10月2日にリリースされる予定だ。

ここに収録されるのは、彼らがこれまで世界中で行ってきたコンサートのハイライト集で、今回初めて音源化・映像化が実現したものも含め、ロジャー、ブライアン、アダムの3人が、延べ200公演以上の中から自ら選りすぐった内容となっている。具体的には、ブラジルとポルトガルの両国で開催されたフェスティバル<ロック・イン・リオ>をはじめ、イギリスの<ワイト島フェスティバル>、日本の<サマーソニック>、全英および北米ツアーから厳選した幾つかの公演の抜粋、そしてロックダウン(都市封鎖)前に行った最新ライヴのうちの一つであるオーストラリア・シドニーで開催された森林火災復興支援チャリティ・コンサート<ファイア・ファイト・オーストラリア>などの模様だ。その<ファイア・ファイト・オーストラリア>でのパフォーマンスは、クイーン史に燦然と輝く1985年の<ライヴ・エイド>出演時と同じセット、つまり「ボヘミアン・ラプソディ」(原題:Bohemian Rhapsody)、「RADIO GAGA」(原題:Radio Ga Ga)、「ハマー・トゥ・フォール」(原題:Hammer To Fall)、「愛という名の欲望」(原題:Crazy Little Thing Called Love)、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」(原題:We Will Rock You)、「伝説のチャンピオン」(原題:We Are The Champions)に、さらにフレディ・マーキュリーと観客の伝説的な掛け合い「AY-OHS」(原題:Ay-Ohs)をも加えてフルで再現したもので、22分間に及ぶステージ丸ごと全曲が、全てのフォーマットに収録されている。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly