Menu
(0)

Search

『クワイエット・プレイス』新作映画が始動 ─ 続編ではなく「スピンオフ」か

クワイエット・プレイス PARTII
(C) 2021 Paramount Pictures. All rights reserved.

「音を立てたら、即死」。シンプルかつスリリングなコンセプトで人気を博するクワイエット・プレイス』シリーズの新作映画(タイトル未定)が企画されていることがわかった。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

『クワイエット・プレイス』は、音に反応して人間を襲う“何か”によって荒廃した世界を舞台に、生存者の家族・アボット家の戦いを描いたスリラー。新作映画は第1作・第2作を手がけたジョン・クラシンスキーによる原案を基に、『MUD -マッド-』(2012)『ラビング 愛という名前のふたり』(2016)のジェフ・ニコルズが脚本・監督を務める。物語は謎に包まれているが、米The Hollywood Reporter「スピンオフ」と報じた。

配給の米パラマウント・ピクチャーズは、新型コロナウイルスの影響を受け、第2作『クワイエット・プレイス PARTII』の米国公開日を2020年3月から2021年4月23日に延期している。一方で本作は2022年の劇場公開を予定しているため、いずれも順調に進行すれば2年連続でシリーズの新作が観られることになりそうだ。プロデューサーにはジョン・クラシンスキーのほか、シリーズを手がけてきたマイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー、アライソン・シーガーが続投する。

映画『クワイエット・プレイス』新作映画(タイトル未定)は2022年米国公開予定。『クワイエット・プレイス PARTII』は2021年4月23日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Deadline, The Hollywood Reporter, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly