Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』サム・ライミ監督、故スタン・リーとの思い出を語る ― 90年代の『マイティ・ソー』映画化企画、カメオ出演秘話も

『スパイダーマン2』ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)
© Sony Pictures 写真:ゼータイメージ

いまやハリウッドにおいてヒーロー映画はひとつのジャンルとして広く受け入れられているが、その歴史は決して平坦なものではなかった。トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』3部作(2002-2007)を手がけたサム・ライミ監督は、現在につながるヒーロー映画の黎明期を支えた一人だ。

2018年11月12日、マーベル・メディア名誉会長でありコミック界の重鎮であるスタン・リー氏がこの世を去った。米The Hollywood Reporterの取材にて、サム監督はスタン氏との思い出を振り返っている。

©THE RIVER

実現しなかった映画版『マイティ・ソー』

『スパイダーマン』3部作を監督する以前、サム監督はキャリアの初期段階でマーベル・コミックの映画化企画に着手していたことを明らかにしている。リーアム・ニーソンを主演に迎え、自らが原案を担当したヒーロー映画『ダークマン』(1990)を作り終えた後、監督はスタン氏と初めて面会したというのだ。

「『ダークマン』を作った後、スタン・リーに呼び出されて“やあ、どうも。君の映画が好きなんですよ”と言われました。ランチに連れて行ってもらって、一緒に仕事をしたいと言われたんです。僕はソーの映画を作りたいと話しましたね。それで、一緒にトリートメント(物語の要約)を書いて(20世紀)フォックスに提出しました。でも“絶対にダメだ、コミックは良い映画にならない”と言われてしまって。1991年の話ですよ。」

まだコミックの映画化がまったくメジャーなものではなかった1991年、スタン氏とサム監督は、コミック「ソー」の映画化を企画していたのだ。しかし残念ながら二人が執筆した物語はお蔵入りになってしまい、その後、コミック「ソー」は2011年に『マイティ・ソー』として映画化されている。それにしても『死霊のはらわた』シリーズ2作品や『ダークマン』を世に放ったあとのサム監督が手がける映画版「ソー」、実現していればどんな作品になったことか……。

『スパイダーマン』スタン・リーのカメオ出演に消極的だった

その後、サム監督は『スパイダーマン』3部作で、自身のキャリアとしても新境地へと踏み出している。当時を振り返って、監督はスタン氏のカメオ出演に消極的だったことを語っている。

「1999年に『スパイダーマン』の仕事をもらいました。そうしたら、(プロデューサーの)アヴィ・アラッドに“この映画にスタンを出してほしい”と言われたんです。“ノー。スタンのことは知ってますけど、彼は演技はできません”と答えました。するとアヴィは、“この映画に彼を出したいんだ。『X-メン』(2000)にも出したし、今回もやる”と言って。
そこで僕は、自分がイングランドの二流演出家で、『マクベス』をやっているんだと想像しました。そして“脚本家を芝居に出せ”と言われる。不合理ですけど、“わかりました、シェイクスピアを芝居に出したいのなら出しましょう”と。」

ただしサム監督は、結果として『スパイダーマン』(2002)にスタン氏が出演したことに満足しているようだ。なにせ監督は、スタン氏の出演シーンについて「今ではあの映画で気に入っているところのひとつですよ」と語っているのである。今でこそスタン氏のカメオ出演はお約束となったが、当時、まだスタン氏の出演作品は片手で数えられるほどしかなかった。あらゆる歴史には、その始まりを支えた人々がいるというわけだ。

スタン氏の訃報を受けて、サム監督は「スタンの作品には彼自身の人間としての強さがある。その力は時間とともに強くなっていきますよ」と述べた。「彼の遺したものが消えることはないでしょう。こういうことを人々は多くの人に対して言いますが、彼の場合こそ、それが真実だと思います。」

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly