Menu
(0)

Search

ランボー怒りの待ち伏せ ─ 『ランボー ラスト・ブラッド』仕掛けた罠は成功するか

ランボー ラスト・ブラッド
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

シルベスター・スタローン主演、『ランボー』シリーズの最新作にして最終章『ランボー ラスト・ブラッド』より、おなじみの主人公ランボーが全力のトラップで敵を翻弄する本編映像が公開された。

いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれる元グリーンベレー、ジョン・ランボーは、孤独な戦いを経て祖国アメリカへと戻っていた。故郷アリゾナの牧場で、古い友人のマリアと、その孫娘ガブリエラと“家族”としての穏やかな生活を送っていたのだ。しかし、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことで事態は急転する。愛する“娘”を救出するため、ランボーは元グリーンベレーのスキルを総動員し、想像を絶する戦闘準備を始めるのだった……。

公開された映像は、愛する“娘”ガブリエラを拉致した人身売買カルテルとの激戦がいよいよ幕を開けるシーン。冒頭に映し出されるポストは、前作『ランボー/最後の戦場』(2008)のラスト、ランボーが祖国アメリカ・アリゾナの実家へたどり着き、ポストにある父親の名を確認し、歩いて来た道を振り返って目を細める場面を思い出させるもの。牧場めがけて現れるカルテルの軍勢を、ランボーは息をひそめてうかがっている。すると、罠にかかった1台の車が爆発、炎上。瞬く間に着火し、文字通り決戦の狼煙が上がる。カルテルの構成員を率いるウーゴは「油断するな」と警戒しつつ、ランボーの待つ納屋に銃口を向け、総攻撃を仕掛けようと乗り込んでいくのだった。

ランボー ラスト・ブラッド
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

幾多の戦場でグリーンベレー仕込みの圧倒的な強さを見せてきたランボーが、本作でも随所に罠を張りめぐらせ、敵を追い詰めていく。第1作『ランボー』(1982)を想起させる戦闘スタイルは、約40年を経てもなお、戦地を駆け抜け、確実に敵を仕留める能力が健在であることの証明だ。スタローンは、ランボーのアクションをいま撮ることへの思いをこのように語っている。

「今はアクションというアクションが全て映像化されてしまっている時代。だから俺は、ランボーだったらどうやって人を狩るのかを常に考えるようにしている。彼はまるで動物のように人間を狩る、そこが他のアクションとは違うところ。彼は尊敬されようとしたりヒーローになろうなんて思っていなくて、ただ徹底的に相手をつぶすだけ。逃げ出したくなるような、リアルな男の野蛮さがあって、それが戦いにも現れている。」

映画『ランボー ラスト・ブラッド』は2020年6月26日(金)より全国公開中

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly