Menu
(0)

Search

『ランボー ラスト・ブラッド』公開決定、予告編が到着 ─ シルベスター・スタローンの代表作シリーズ最終章、史上最強の頭脳戦

ランボー ラスト・ブラッド
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

シルベスター・スタローンの世界的代表作、『ランボー』シリーズの最新作にして最終章『Rambo:Last Blood(原題)』が、邦題ランボー ラスト・ブラッドとして、2020年6月12日(金)に全国公開されることが決定した。この副題は、シリーズ第1作『ランボー』(1982)の原題『First Blood』に呼応したものだ。ポスタービジュアル第1弾とショート予告編も到着している。

いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれる元グリーンベレー、ジョン・ランボーは、孤独な戦いを経て祖国アメリカへと戻っていた。故郷アリゾナの牧場で、古い友人のマリアと、その孫娘ガブリエラと“家族”としての穏やかな生活を送っていたのだ。しかし、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことで事態は急転する。愛する“娘”を救出するため、ランボーは元グリーンベレーのスキルを総動員し、想像を絶する戦闘準備を始めるのだった。ランボー史上最高の頭脳戦が、今はじまる。

予告編では、ランボーがようやくつかんだ“家族”との幸せな時間が“娘”の悲鳴と共に破られる。全身傷つきながらも、メキシコ人身売買カルテルから“娘”を連れ戻すと決意したランボーの凄まじい形相からは、本作のハードなミッションが想像されるところ。トラップや爆破、ランボーの代名詞であるボーガンアクションが過去の映像とオーバーラップするさまは、シリーズ最終章にして史上最大の戦いを期待させる仕上がりとなっている。またポスタービジュアルには、燃え上がる大地にランボーのシルエットが浮かび上がったデザインとなった。前作から約10年、果たしてランボーはどんな“最後の血戦”(ラスト・ブラッド)を見せてくれるのか。

ランボー ラスト・ブラッド
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

映画『ランボー ラスト・ブラッド』は2020年6月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly