Menu
(0)

Search

『ラーヤと龍の王国』Disney+で6月4日より見放題配信に

ラーヤと龍の王国
© 2021 Disney

ディズニー映画『ラーヤと龍の王国』が、2021年6月4日よりDisney+(ディズニープラス)で見放題配信となることがわかった。

『ラーヤと龍の王国』はコロナ禍の3月5日に映画館とDisney+のプレミア アクセスで公開されていたもの。早くも見放題で楽しむことが出来る。

龍の王国をめぐるスペクタクル・ファンタジー。主人公のラーヤは、本国版では『スター・ウォーズ』ローズ・ティコ役で知られるケリー・マリー・トランが、日本語吹替版では吉川愛が声を演じている。

魔物のせいで父を失い、自分だけを信じ、たった一人で生きてきた王国の“最後の希望”ラーヤは、父の遺志を継ぎ、伝説の“最後の龍”シスーの力で、バラバラになった世界を再び一つにしようとする。だが、ようやく見つけ出したシスーは他人を信じすぎてしまう性格で、しかも肝心の魔法の力を失っていた。ラーヤはシスーと共に、魔法を取り戻す力を持つ5つの<龍の石>を探す旅に出る──。

監督は『ベイマックス』(2014)や『くまのプーさん』(2011)を手掛けたドン・ホールと、『ブラインドスポッティング』(2018)のカルロス・ロペス・エストラーダのタッグ。『モアナと伝説の海』(2016)のプロデューサーであるオスナット・シューラー、『アナと雪の女王』シリーズのプロデュース、ピーター・デル・ヴェッコが製作を務めている。

『ラーヤと龍の王国』は、2021年6月4日よりDisney+(ディズニープラス)で配信。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly