Menu
(0)

Search

ノーマン・リーダス、『ファスター・プッシーキャット キル!キル!』ドラマ版で製作総指揮へ

ノーマン・リーダス Norman Reedus
©THE RIVER

映画『処刑人』シリーズや、ドラマ「ウォーキング・デッド」(2010-)などのノーマン・リーダスが、『ファスター・プッシーキャット キル!キル!』(1965)のドラマ版にて製作総指揮を務めることがわかった。

ファスター・プッシーキャット キル!キル!は、エロス・ムービーの伝説的巨匠、ラス・メイヤーによる代表作だ。ジョン・ウォーターズやマーティン・スコセッシが絶賛し、クエンティン・タランティーノが大いに影響を受け、オマージュを捧げてきたことでも知られる本作は、欲望のままに砂漠で暴走する3人組の悪女たちを描いた、カルト的人気を誇る作品である。

Deadlineによると、ドラマ版はまだ企画の初期段階にあるそうだが、オリジナル版への敬意を払いつつ、高速で走り抜ける車や空手キックだけでなく、強い女性キャラクターや、映画の中心にあった文化的模範の転覆に焦点を当てるとのこと。どうやらアクションやテーマは引き継がれるようだが、エロスとバイオレンスもまたパワーアップして継承されるのか気になるところだ。なお本作は、マイヤー監督財団の全面的な支援を基に製作されるという。

このたび製作総指揮として起用されたリーダスは、「ラス・メイヤーの映画を子供の頃から見ていて、『ファスター・プッシーキャット キル!キル!』のシャツを来て学校に通っていたこともあるんです」と語っている。「これまでラスのフィルムメイキングのスタイルに影響を受けてきたと言っても過言ではありませんし、このストーリーを現代に蘇らせる機会を得られたことに大興奮していますよ」。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly