Menu
(0)

Search

『フロントランナー』ヒュー・ジャックマン、新作映画は恋愛SFスリラー ─ レベッカ・ファーガソンと再共演、「ウエストワールド」脚本家が手がける

『フロントランナー』ヒュー・ジャックマン
©THE RIVER

最新作『フロントランナー』が2019年2月1日に公開されたヒュー・ジャックマンの次回作が、人気ドラマ「ウエストワールド」(2016-)の製作チームによる恋愛SFスリラー映画『Reminiscence(原題)』となることがわかった。米Deadlineが報じている。

今回の報道によると、本作にはヒューと『グレイテスト・ショーマン』(2017)で共演したレベッカ・ファーガソンも出演。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)や『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019年夏公開)など大作映画への出演が続くレベッカが、前回とは異なるジャンルでヒューとの再タッグを果たす。二人はそろって契約の最終段階にあるという。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』Blu-ray&DVD発売中 © 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

脚本・監督を務めるのは、「ウエストワールド」でショーランナー&製作総指揮を務めるリサ・ジョイ。同シリーズでリサとともに両職を担っているジョナサン・ノーランもプロデューサーとして参加する。高い評価を受ける作家コンビが、今度は長編映画で新たなストーリーを紡ぎ出すというわけだ。なお、リサが長編映画を監督するのは今回が初となる。

タイトルの“Reminiscence”とは、日本語で「追憶」「回想」の意。物語の舞台は今から10年後、地球温暖化で街の大部分が海に沈んだフロリダ州マイアミだ。
ヒューが演じる私立探偵ニック・バニスターは、テクノロジーの力によって依頼人の求める記憶を呼び起こす仕事をしている。人々は自分の過去や、当時の感覚・感情にひたるため、ニックに記憶の復元を依頼するのだ。自分の若いころ、愛する人や子どもたち、ペットとの思い出……。ニックは依頼人に質問すると、脳のどこかに収まっている“ある一瞬”へとアクセスし、依頼人をその中へ導いていく。

ある日、ひとりの女性がニックのオフィスにやってきた。その女性はなくした鍵を探すため、記憶の復元を依頼する。たちまちニックと女性は恋に落ち、ふたりの関係は深まっていった。しかし、その女性は突然に姿を消してしまう。喪失感に襲われたニックは、彼女を探すために記憶を紐解くことにする。するとそこからは、ニックの知らなかった彼女の一面が次々に現れてきて……。

脚本・監督のリサによれば、本作は、一人の人間が抱えている多面性を、性別にかかわらず複雑に描く物語だという。記憶をテーマとする恋愛スリラーだが、「かつてないアクションシーンも作りたい」とも述べられており、ヒューのアクション俳優としての素質も発揮されることになりそうだ。ちなみにリサいわく、ヒューの起用は、5年にわたる構想の当初からの悲願だったとのこと。絶好のキャスティングを得て、現代随一のストーリーテラーがついに動き出す。

映画『Reminiscence(原題)』の米国公開日は未定。撮影は2019年10月21日より、マイアミとニューオーリンズにて実施される。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly