Menu
(0)

Search

映画『バイオハザード』ゾンビではなく人間たちに焦点を当てた理由とは ─ ミラ・ジョヴォヴィッチが明かす

バイオハザード
© 2002 Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

カプコンによるゲームシリーズ『バイオハザード』がはじめて実写映画化したのは、2002年のこと。シリーズの幕開けを飾った1作目では、ゾンビではなく人間たちに焦点を当てた作品として仕上げられている。

その理由について、THE RIVERのインタビューにて明かしたのは、ミラ・ジョヴォヴィッチ。2002年の1作目から2016年の6作目まで、アンデッド(ゾンビ)に勇敢に立ち向かう主人公アリス役を演じている。ゾンビといえば『バイオハザード』に必要不可欠な要素だが、1作目ではあまりにもその見た目が酷く、作品の方向性を変える事態にまで発展したのだという。

「『バイオハザード』の1作目の時、最初のカットをみて、“ポール(・WS・アンダーソン監督)、こんなゾンビではダメ。とても酷く見える”と正直に感想を伝えたことがありました。本当に酷く映っていて、すぐにでもカットする必要があると。」

ミラ・ジョヴォヴィッチからのアドバイスに耳を傾けた監督は、最終的により人間たちに焦点を当てた作品に上手く軌道修正したようだ。「ゾンビは最終的に多くは登場しませんが、役者たちへの工夫も相まって、とてつもない恐怖を感じる作品になりました」。

1作目の教訓を経て、2作目以降は製作陣に変化を加えることで、ゾンビのビジュアルの改善に監督は努めたそう。「それから彼はテクノロジーやメイクアップアーティストなど、最先端の若い人たちを雇うようにもなりました」。『バイオハザードIII』(2007)の製作時になると、「ゾンビのメイクをしていたメイクアップアーティストたちがとにかく凄かったです。ゾンビのクオリティが格段に上がり、信じられないほどにまで恐ろしくなりました」という。

なおミラ・ジョヴォヴィッチは、ポール・WS・アンダーソンの『バイオハザード』シリーズでの仕事ぶりについて、「ゾンビのモデルを作ったのはまさしく彼だったと言えると思います」と伝えている。

バイオハザード 『バイオハザード』
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2002 Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly