Menu
(0)

Search

ライアン・レイノルズ、スタントアクションからの引退を示唆? ─ 「色々と痛み始めて」「ひどすぎたら身を引く」

ライアン・レイノルズ Ryan Reynolds
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/28584532998

『デッドプール』シリーズや『フリー・ガイ』(2021)などで知られるライアン・レイノルズが、加齢に伴うスタントアクションの限界を語った。近年もアクション映画へ積極的に出演してきたライアンだが、今思うこととは……?

自身が主演を務める新作タイムトラベルSF映画『アダム&アダム』の試写イベントの場で米Varietyの取材に応じたライアンは、本作でも自ら挑んだというスタントアクションについて言及。インタビュアーから「痛い痛いと言いながら帰宅しているんですか?」と訊かれるや、「鎮痛剤をシリアルみたいに食べるなんて許可されていないじゃないですか」と、質問の通りであることを認めている。

20代のうちから積極的にアクション作品に出演してきたライアンも今では45歳。変わらず自らスタントをやってのける精力ぶりだが、実は10年ほど前から身体の変化を感じてきていたという。「色々と痛み始めてきますよね。僕は35歳になってから、コンクリートに向って放り投げられることが面白いと感じなくなりました」とライアン。「何なら地獄にアップグレードされました」と得意のジョークで返すも本音であることには違いないようだ。

それでもライアンは、「僕は映画におけるフィジカルの部分がとても好きで、出来る限り自分で挑戦することは重要だと思います」と語る。今後ライアンは、『デッドプール』シリーズ第3作を控えており、2022年中に撮影が開始される可能性もあるという。これまで通りライアンがスタントに挑むかどうかは定かでないが、「もしひどすぎると感じるものがあったり、他に鍛えられたプロの方がいたりするのならば、その時は僕も身を引きます」と心境を明かした。

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly