Menu
(0)

Search

『デッドプール3』2022年に撮影される可能性は「70%」とライアン・レイノルズ ─ 脚本は「形になってきている」と自信

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

ライアン・レイノルズ主演、映画『デッドプール』シリーズ第3作の撮影は、2022年に「70%」の確率で開始される見込みのようだ。レイノルズ自らが明かしている。

『デッドプール』は、マーベル・コミックの人気キャラクターを単独映画化したもので、2016年に第1作が、2018年に続編『デッドプール2』が公開された。2021年1月には、本作がマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品として製作されることがマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギの発言により判明。いよいよ、“俺ちゃん”デッドプールがMCUに乗り込むことになる。

本作のMCU入りが明かされた際、すでに脚本作業が進んでいることも伝えられていた。撮影開始時期については、「2022年以降」になるとファイギは語っていたが、このたび米Colliderに登場したライアン・レイノルズが最新の進捗を明かしている。

「(2022年に撮影が行われる)可能性のパーセンテージですか。どうでしょうね……。パーセンテージで表すのは難しいですけど、僕だったら、フィフティ・フィフティ(50/50)って言うかな、たぶん。今は活動的に開発を進めていて、すごく良い感じで形になってきています。(撮影開始の)月で言ったら、8月とかですか?もしくは来年中(2022年)?すごく良い調子だから、やっぱ70%って言っておきます。

第3作の脚本家には、エミー賞ノミネート歴のあるウェンディー・モリノーとリジー・モリノーという姉妹が起用されている。主演のレイノルズも加わり、脚本作業がなおも進行しているようだが、撮影開始はしばらく先のことのようだ。なお、ストーリーについて“形になってきている”と話したレイノルズは、「書くことって毎日の積み重ねのようなものです。時間をかけて、一回離れることも大切です」と明かしながら、ストーリーがファンの予想を覆すような仕上がりになることを予告している。

「モリノーと一緒に作業してますが、最高です。彼らは驚くほどの才能を持っていて、賢い。あの世界のことを理解していますし、誰もがあの道を行くと想像しているときに、2人はその道を避けるやり方を知っているんです。めちゃくちゃ楽しいです。」

ちなみに本作に先がけて、少し変わった形でデッドプールはMCU入りを果たしている。ディズニー傘下に加わった20世紀スタジオの映画最新作『フリー・ガイ』予告編映像のリアクション映像にデッドプールが登場し、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のコーグと共演を見せたのだ。映画という形ではないこそあれ、第3作を待ち望むファンにとっては嬉しいサプライズとなったはずだ。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly