『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督『フォースの覚醒』のラストを変更していた!エピソード9はノータッチ

スター・ウォーズ』新3部作の第2作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、前作『フォースの覚醒』のラストを変更してもらっていたことがわかった。ライアン監督によると『最後のジェダイ』は『フォースの覚醒』のラストシーン直後から始まるストーリーだという。その変更には、なにやらライアン監督の企みがこめられているようだ……。

【注意】

この記事には、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のネタバレが含まれています。

—–

—-

ささいな、しかし大きな変更

ライアン監督は『最後のジェダイ』の準備以前から『フォースの覚醒』の内容をよく知っていたようだ。なぜならライアン監督が『フォースの覚醒』J.J.エイブラムス監督に“お願い”をしたのは、同作の脚本段階だったのである。問題の場面は、レイ(デイジー・リドリー)が惑星アク=トゥーでルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)と対面するシーン。ライアン監督はこの場面にR2-D2を登場させてほしいと訴えたという。

R2をレイと一緒に(アク=トゥーへ)行かせて、BB-8はレジスタンスと留守番させてほしいと頼んだんだ。もともとレイと一緒に行動するのはBB-8の予定だった。ある意味で、ストーリーとして筋が通っているしね。でも僕が、“お願いがあるんです。ドロイドを変えてもらえませんか?”って頼んだんだ」

『フォースの覚醒』で、R2-D2はほとんどスリープモードに入っていた。ライアン監督の要請によって、レイとR2-D2がアク=トゥーへ向かうという展開が作られるにあたり、「R2-D2が目覚める」という展開が終盤に作られた可能性もありそうだ。『最後のジェダイ』の予告編ではBB-8がポー・ダメロン(オスカー・アイザック)と行動していたが、ライアン監督の頭の中には、レイ&ルークにはR2-D2、ポー(フィン)にはBB-8という構想が早くからあったに違いない。

『最後のジェダイ』はルークの物語

『フォースの覚醒』でR2-D2が目覚めたこと、そのラストでルークが登場したこと、そして二人が再会を果たすことは、やはり『最後のジェダイ』がシリーズの本流“ルーク・スカイウォーカーの物語”への回帰を目指すことを意味しているに違いない。ルーク不在のまま展開した『フォースの覚醒』のあと、ライアン監督はルークの存在にとことん向き合ったようだ。

「(『最後のジェダイ』の)脚本を書いているとき、一番最初に取り組む必要があったのは、彼(ルーク)が何を考えているのかを突き止めることだったよ。(ルークの考えを)理解しなきゃいけなかったし、それは一流の、最高に納得できるものでなければならなかった。なぜルーク・スカイウォーカーはこの島に逃げてきたのか? そこがスタート地点だったし、この映画が求めるものだったんだ。(中略)ルークにとって筋が通った良い理由がなければならない。そして、僕たちがある程度納得できる理由がね」

もっとも、ライアン監督の構想する“ルークの物語”は『最後のジェダイ』で決着を迎えることになるのかもしれない。以前、ライアン監督は『エピソード9(仮題)』の脚本に参加していると伝えられていたが、これは古い情報で、『エピソード9』の脚本にライアン監督は一切タッチしていないというのだ。

2016年1月の時点で、『エピソード9』のコリン・トレボロウ監督は「ライアンとの入念な作業をしている」と発言していた。これは互いのストーリーをすり合わせるためだけの作業だったのか、それとも後になって『エピソード9』の脚本からライアン監督の意向が外されたのか、どちらだろうか……。2016年12月にレイア役のキャリー・フィッシャーが急逝したことも無関係ではないかもしれないが、いずれにせよ『エピソード9』の脚本はトレボロウとデレク・コノリーの『ジュラシック・ワールド』コンビだけで執筆されているようだ。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開

【解説】『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』予告編第1弾、ファースト・オーダー進撃の地、塩の惑星“クレート”初登場!

Sources: http://ew.com/movies/2017/05/04/star-wars-rian-johnson-force-awakens-ending/
http://ew.com/movies/2017/05/04/star-wars-rian-johnson-force-awakens-ending/
http://collider.com/star-wars-8-rian-johnson-colin-trevorrow/
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。