Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督『フォースの覚醒』のラストを変更していた!エピソード9はノータッチ

ライアン・ジョンソン
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/25070162628/

スター・ウォーズ』新3部作の第2作スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、前作『フォースの覚醒』のラストを変更してもらっていたことがわかった。ライアン監督によると『最後のジェダイ』は『フォースの覚醒』のラストシーン直後から始まるストーリーだという。その変更には、なにやらライアン監督の企みがこめられているようだ……。

【注意】

この記事には、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のネタバレが含まれています。

—–

—-

ささいな、しかし大きな変更

ライアン監督は『最後のジェダイ』の準備以前から『フォースの覚醒』の内容をよく知っていたようだ。なぜならライアン監督が『フォースの覚醒』J.J.エイブラムス監督に“お願い”をしたのは、同作の脚本段階だったのである。問題の場面は、レイ(デイジー・リドリー)が惑星アク=トゥーでルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)と対面するシーン。ライアン監督はこの場面にR2-D2を登場させてほしいと訴えたという。

R2をレイと一緒に(アク=トゥーへ)行かせて、BB-8はレジスタンスと留守番させてほしいと頼みました。もともとレイと一緒に行動するのはBB-8の予定だったんです。ある意味で、ストーリーとして筋が通っていますしね。でも僕が、“お願いがあるんです。ドロイドを変えてもらえませんか?”って頼んだんですよ。」

『フォースの覚醒』で、R2-D2はほとんどスリープモードに入っていた。ライアン監督の要請によって、レイとR2-D2がアク=トゥーへ向かうという展開が作られるにあたり、「R2-D2が目覚める」という展開が終盤に作られた可能性もありそうだ。『最後のジェダイ』の予告編ではBB-8がポー・ダメロン(オスカー・アイザック)と行動していたが、ライアン監督の頭の中には、レイ&ルークにはR2-D2、ポー(フィン)にはBB-8という構想が早くからあったに違いない。

『最後のジェダイ』はルークの物語

『フォースの覚醒』でR2-D2が目覚めたこと、そのラストでルークが登場したこと、そして二人が再会を果たすことは、やはり『最後のジェダイ』がシリーズの本流“ルーク・スカイウォーカーの物語”への回帰を目指すことを意味しているに違いない。ルーク不在のまま展開した『フォースの覚醒』のあと、ライアン監督はルークの存在にとことん向き合ったようだ。

「(『最後のジェダイ』の)脚本を書いているとき、一番最初に取り組む必要があったのは、彼(ルーク)が何を考えているのかを突き止めることでした。(ルークの考えを)理解しなきゃいけなかったし、それは一流の、最高に納得できるものでなければならなかった。なぜルーク・スカイウォーカーはこの島に逃げてきたのか? そこがスタート地点だったし、この映画が求めるものだったんです。[中略]ルークにとって筋が通った良い理由がなければならない。そして、僕たちがある程度納得できる理由がね。」

もっとも、ライアン監督の構想する“ルークの物語”は『最後のジェダイ』で決着を迎えることになるのかもしれない。以前、ライアン監督は『エピソード9(仮題)』の脚本に参加していると伝えられていたが、これは古い情報で、スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の脚本にライアン監督は一切タッチしていないというのだ。

2016年1月の時点で、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のコリン・トレボロウ監督は「ライアンとの入念な作業をしている」と発言していた。これは互いのストーリーをすり合わせるためだけの作業だったのか、それとも後になって『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の脚本からライアン監督の意向が外されたのか、どちらだろうか……。2016年12月にレイア役のキャリー・フィッシャーが急逝したことも無関係ではないかもしれないが、いずれにせよ『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の脚本はトレボロウとデレク・コノリーの『ジュラシック・ワールド』コンビだけで執筆されているようだ。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開

Sources: http://ew.com/movies/2017/05/04/star-wars-rian-johnson-force-awakens-ending/
http://ew.com/movies/2017/05/04/star-wars-rian-johnson-force-awakens-ending/
http://collider.com/star-wars-8-rian-johnson-colin-trevorrow/
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly