Menu
(0)

Search

スター・ウォーズ『ローグ・ワン』前日譚ドラマ、ディエゴ・ルナがコメント「CGで若返れたら最高」

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

ディズニーの新ストリーミング・サービス「Disney+」で配信される、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)の前日譚ドラマについて、キャシアン・アンドー役で主演を務めるディエゴ・ルナがインタビューでコメントした。

この記事には、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレが含まれています。

スター・ウォーズ

『ローグ・ワン』の前日譚ドラマ(タイトル未定)では、のちに反乱軍の情報将校となるキャシアン・アンドーを主人公に、反乱軍の形成期が描かれる。突然の発表でファンを驚かせた本作について、米Colliderのインタビューで、ディエゴは「つい最近」出演が決まったことを明かした。

つい最近知ったんですよ、だから(ドラマについては)ほんの少ししか知りません。楽しみですし、幸せですね。あの世界に戻れるのは夢が叶うようなことですから。『スター・ウォーズ』の映画を観て育ってきて、今では自分の子どもたちに作品を見せているんです。本当に幸せですよ。」

このインタビューの中で、ディエゴは「みなさんと同じくらいしか知りません」とも述べている。なにしろディエゴ自身、ドラマについてはディズニーによる公式発表の前日に知らされたというのだ……。

ちなみにディエゴは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の製作・公開時から「ジャバ・ザ・ハットに触りたい」と発言している。現在でも「ジャバ・ザ・ハットには触ってみたい」と話しているほか、米Varietyによれば、ディエゴは『ローグ・ワン』前日譚ドラマで今から楽しみにしていることがひとつだけあるという。

「(『ローグ・ワン』で)キャシアンは死にましたから。もし『ローグ・ワン』をご覧になっていなければ知らないでしょうけど(笑)。でも、そこは映画の魔法ですよ。これから3, 4年、あるいは製作にかかる時間だけ、僕はどんどん若返っていきますから。若返るっていいですよね。テクノロジーを使って若返れたら最高ですよ。」

ここでディエゴが言及しているのは、現在のハリウッド映画でしばしばみられる、CGによって俳優の容姿を若返らせる効果のことだ。『ローグ・ワン』ではキャリー・フィッシャー演じるレイア・オーガナの若かりし姿が登場したほか、ターキン役の故ピーター・カッシングがCGによって復活したことも話題を呼んだ。キャシアン・アンドーの若き日を演じるにあたって、ディエゴもCGの力で若返ることになるのだろうか…?

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』キャシアン・アンドーの前日譚ドラマ(タイトル未定)の製作・配信時期は未定。そのほかの出演者やスタッフについても、2018年11月16日時点では明らかになっていない。

Source: Collider, Variety, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly