Menu
(0)

Search

ハリウッド版『ゴジラ vs キングコング』新キャストが判明 ― 『ジョン・ウィック』マネージャー役俳優が参戦

GODZILLA ゴジラ
©Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

2018年11月12日(米国時間)に撮影が始まった、米ワーナー・ブラザース製作の映画『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs Kong)』に新たな出演者が判明した。

Deadlineによると、『ゴジラ vs キングコング』への出演がわかったのは、映画『ジョン・ウィック』(2014)や『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)でコンチネンタル・ホテルのマネージャー、シャロン役を演じた俳優ランス・レディック。ドラマ「THE WIRE/ザ・ワイヤー」(2002-2008)、「FRINGE/フリンジ」(2008-2013)、近年はAmazonドラマ「BOSCH/ボッシュ」(2014-)でも知られる人物だ。ちなみに本作のアダム・ウィンガード監督とは『ザ・ゲスト』(2014)でタッグを組んでいる。

ジョン・ウィック:チャプター2
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

『ゴジラ vs キングコング』は、ワーナーと米レジェンダリー・ピクチャーズが展開してきた「モンスターバース」の第4作として登場する、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーする一作だ。ハリウッドの最新技術をもって、二大怪獣が再び大スクリーンで激突する。

主な出演者は『ターザン:REBORN』(2016)やドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」(2017-)のアレクサンダー・スカルスガルドのほか、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年5月31日公開)よりミリー・ボビー・ブラウンカイル・チャンドラーが続投。
さらに『アイアンマン3』(2013)のレベッカ・ホール、ドラマ「アトランタ」(2016-)や『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019)のブライアン・タイリー・ヘンリー、日本から小栗旬、『ベイビー・ドライバー』(2017)や『アリータ:バトル・エンジェル』(2019年2月22日公開)のエイザ・ゴンザレス、「Marvel アイアン・フィスト」(2017-2018)のジェシカ・ヘンウィック、『デッドプール2』(2018)のジュリアン・デニソン、『ヘイトフル・エイト』(2015)や『死霊館のシスター』(2018)のデミアン・ビチルが出演する。

監督を務めるのは、『サプライズ』(2011)や『ザ・ゲスト』(2014)、Netflixオリジナル映画『デスノート/Death Note』(2017)のアダム・ウィンガード。脚本は『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのテリー・ロッシオが執筆した。

映画『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs Kong)』は2020年5月22日に米国公開予定

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly