セバスチャン・スタン、マーベル映画出演をマーゴット・ロビーに知られていなかった ─ 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』共演コンビ

アメコミ映画ファンにとっても、2018年5月公開の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は要注目作品だ。フィギュア・スケート界最大のスキャンダルを描く本作では、主演にDC映画『スーサイド・スクワッド』(2016)ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーが、共演にはマーベル映画『キャプテン・アメリカ』シリーズのバッキー・バーンズ役セバスチャン・スタンが据えられた。DCとマーベル、夢の共演を果たすわけであるが、肝心のマーゴット・ロビーはお相手のメタル・アーム姿を認知していなかったようだ。

スーサイド・スクワッド

SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

2018年2月にアメリカ・ミズーリ州で開催されたWizard World St. Louis内のファン質疑応答でセバスチャン・スタンが語ったところによると、マーゴット・ロビーはセバスチャンがマーベル映画に出演していたことすら知らなかったのだという。

「たしか、ある時おしゃべりをしてた時に(マーベル映画出演の話題を)言ったら、彼女は“Oh”みたいな、僕がマーベル映画に出てることすら知らなかったみたいなんですよね。

もっとも、セバスチャンの方はアメコミ映画に熱心だ。マーゴット・ロビーがハーレイ・クイン役で大活躍した『スーサイド・スクワッド』も当然チェック済み。

「彼女は『スーサイド・スクワッド』で僕が一番好きなパートですね。素晴らしいと思う。キャラクターも素晴らしいですよね。DCって、キャラクターが素晴らしいんですよ。

アイ、トーニャ

Copyright © 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

マーゴット・ロビー主演の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、2018年5月4日よりTOHOシネマズ他にて全国ロードショー。本作からは、主人公トーニャ・ハーディングの母ラヴォナを演じたアリソン・ジャネイが第75回ゴールデングローブ賞を受賞。アカデミー賞は主演女優賞、助演女優賞、編集賞にノミネートされている。

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』公式サイト:http://tonya-movie.jp/

Source:http://comicbook.com/marvel/2018/02/11/sebastian-stan-margot-robbie-marvel-movie/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。