Menu
(0)

Search

【インタビュー】『ロケットマン』タロン・エジャトンはホットパンツがお好き ─ タロン流エルトン・ジョンができるまで

タロン・エジャトン(エガートン)
© THE RIVER

誰もが一度は耳にした数々の名曲で知られる伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの激動の半生を映画化した伝記ミュージカル『ロケットマン』が、2019年8月23日より公開となった。監督は、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)最終監督として映画を仕上げたデクスター・フレッチャー、そしてエルトン・ジョンを演じるのは、『キングスマン』シリーズで知られるタロン・エジャトン(エガートン)だ。

待望の初来日を果たしたタロンが、THE RIVERのインタビューに登場。『ロケットマン』での役作りやエピソードなど、映画に関する気になるポイントを尋ねた。


タロン・エジャトン(エガートン)
© THE RIVER

初来日タロン・エジャトン、渾身の役作り語る

── ついに初来日ですね!

最高です!昨晩は美味しい食事を頂きました。小さな老舗のお寿司屋さんに行ったんですけど、正真正銘の日本食を味わった気がします。カウンターに座ったら、目の前で握ってくれて素敵でした。他には日本庭園にも行ってみたいです。明日の午後は少し時間がありそうだから、出かけてみたいな。

── さて、『ロケットマン』では有名人になっていくエルトンの苦しみや、ダークな部分を演じられました。有名人として、似たような思いになったことはありますか?

いや、エルトンほどのレベルではないですね。カメラの前に立って、公の存在になるって、すごいプレッシャーだと思います。正直な所、僕は大丈夫です。たまには疲れることや、ちょっぴり不安になることもありますけれど、エルトンは本当にダークなところに堕ちていたことがある。僕はそこまではありません。

── 生きる伝説を演じるにあたって、プレッシャーはありましたか?

もちろんです。でも、何よりも興奮が勝りました。こんな機会にあずかれたことが嬉しくって。だって、この役に相応しいのは僕だって思ってくれた人がいたってことじゃないですか。もちろん、期待されている分のプレッシャーはありましたよ。でも、素晴らしい製作チームも付いていましたし。それに、自分のことも信じていました。僕ならやれるって。

それでも、やっぱり撮影初日はめちゃくちゃ不安でしたね。初日が終わる時は、本当にこれで大丈夫かなって思いました。正直言って、かなり不安でした。考えすぎちゃう癖があるんですよね。でも考えすぎても、良いことないですよ。

── どのようにエルトン・ジョンになりきったのですか?

髪型を似せて、それから眉毛と、歯はちょっと隙間を作っています。何より衣装やサングラスですね。髪型のセットは、けっこう退屈でした。

── 前頭部の髪をちょっと剃ったんですよね?

剃りました。変な感じだったけど、楽しかった。すごくリアルに仕上がりましたね。

── 歌のトレーニングはどうでしたか?元々、歌は上手でしたね。

ありがとうございます。実際は、トレーニングとかブートキャンプっていう感じではなく、スタジオで歌をたくさん歌った、っていう感覚でした。レッスンも受けましたが、そんなに多くはありません。プリプロダクションの最初の1ヶ月くらいは講師をつけてもらいました。実は、デクスター監督は(講師もレッスンも)必要ないと思っていたんですけど、さすがにそれはちょっと不安だったので。最終的には上手くいって良かったです。こういうと彼は嫌がるかもしれないけど、デクスターのこだわりはいつも正しいから。

── 1日どれくらい歌の準備に費やしたんですか?

日によりますが、毎日2~3時間はピアノを弾いていました。今でもピアノはド下手です。

── またまた(笑)。

いや、ヤバいですよ。ド下手です。上手く見えるのは、映画の魔法(笑)。

ロケットマン
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

── エルトンからは教わらなかったんですか?

教わってないです。長い時間一緒に過ごして、お互いとても打ち解けたんですけど。

── 今も連絡を取り合っているんですか?

はい。2週間前にも会っていました。

── エルトンからは、「私のマネはするなよ、同じように歌おうなんて思ってはダメだよ」と言われたそうですね。けっこうタフなアドバイスですね。

そうなんですよ、タフでしたね。最初のうちは、エルトンに匹敵するくらいになろうと思っていたので。ところが今作はファンタジーなので、衣装からストーリーにいたるまで、エルトンの「完コピ」にはこだわらないということになりました。でも、確かに初めにそう言われたときは「厳しいなぁ」と思いましたね。後になって、彼は楽曲を再創造して欲しかったのだなと納得しました。

── 自分ならではのエルトン・ジョンを生み出す、ということですね。

まさにその通りです。

── 衣装など、撮影現場から持ち帰ったアイテムはありますか?

「可愛いダンサー(Tiny Dancer)」のシーンで着ていた、パッチの付いたジャケット。あと、「トルバドール」(「クロコダイル・ロック」を演奏するシーン)の青いネオンサインは、うちのキッチンに飾ってます。他には何かあったかな……、サングラスとか持って帰ったかな……?覚えてないや。

ロケットマン
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
ロケットマン
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

── ジェット機のシーンでは、金のホットパンツを穿いていましたね。これを穿くのに、デクスター監督を説得する必要があったとか。

これが面白くて。僕としては、一番ケバケバしい衣装を着たかったんですけど、監督はちょっとやり過ぎじゃないかと思ってたみたいで(笑)。「ホントに?ホットパンツ穿いて撮るの?」「そうですよ」って。ホットパンツ大好きですよ。

ロケットマン
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

── 一番好きだった衣装は?

その金のホットパンツだけど、リンジー(取材に同行していたパブリシスト)に取られちゃった(笑)。

── 逆に、あんまり好きじゃかった衣装はありますか?

あんまり好きじゃなかったやつは、見た目はすごく良いんですけど、エリザベス女王の衣装は暑いしチクチクするし、着心地が良くなかったですね。やっぱり着心地は良い方が良いですけど、何着かは悪かったな。でも、どれも素晴らしかったです。

── ちなみに、一番好きなシーンは?

(しばらく考えて)2、3あるんですが……。僕が最後に演じたシーンは、リチャード(・マデン、ジョン・リード役)と口論をするところで、ここがすごく気に入ってます。良いシーンで、観るのが好き。それから、ジェイミー(・ベル、バーニー役)とアルバート・ホールの廊下を歩くところも好きですね。かなり一生懸命作ったから、好きなシーンばかりで。

── デクスター監督からは、カンヌ国際映画祭で完成版を一緒に観たと伺いました。その時の事を覚えていますか?

よく覚えています。上映前にデクスターが、「土曜の夜は僕の生きがい(Saturday Night Alright For Fighting)」のシーンで拍手が起こって欲しいと言っていたんですけど、実際には起こらなかった。だから「あー…、気に入ってもらえなかったんだ……」って気にしていたんですけど、その後の「僕の歌は君の歌(Your Song)」のシーンで拍手が起こったんですよ!その時に初めて「良かった、気に入ってもらえたんだ」と実感できました。中盤からは観客がのめり込んでいるようで、上映後はスタンディングオベーションで拍手喝采でした。みんな感激しちゃって、特に僕ですね。最高でした。最高の上映会でした。おそらく僕の中でも、一番の上映会になりました。

── エルトンはどんな様子でした?

エルトンもかなり感動して、泣いていましたよ。映画のことも気に入ってくださいました。

── 映画『SING/シング』(2016)のジョニー役でも、エルトン・ジョンの「アイム・スティル・スタンディング(I’m Still Standing)」を歌っていますよね。これって偶然なんですか?

実は当時から今作の話はあったんですよ。でも偶然です。たまたま「アイム・スティル・スタンディング」を2度歌ったというね。

── 僕の一番好きなエルトン・ジョンの曲は、この映画を観るまでは『ライオン・キング』の曲でした。

おお、どの曲ですか?「サークル・オブ・ライフ(Circle of Life)」?

── 「サークル・オブ・ライフ」と、「愛を感じて(Can You Feel the Love Tonight)」ですね。♪ Can you feel…

(タロンも一緒になって歌う)♪ The love tonight… 新しい『ライオン・キング』観ました?

── いえ、まだです。

もう日本でも公開されてますか?

── 公開されてますよ。
で、この映画を観た後は「黄昏のレンガ路(Goodbye Yellow Brick Road)」が大好きになりました。タロンの好きな曲は?

あー!「黄昏のレンガ路」、素晴らしいですね。僕が一番好きな曲は、映画には登場しないんですけど「僕を救ったプリマドンナ(Someone Saved My Life Tonight)」です。知ってますか?アルバム『キャプテン・ファンタスティック』に入っている曲で、歌詞が良いんですよ。

── 映画で歌った曲ではどれが好きですか?

「僕の歌は君の歌」かな。誰もに愛される、素晴らしい曲ですよね。エルトンの曲の中でも最も有名な曲だと思うんですけど、この曲が登場する映画のシーンもすごくお気に入りなんです。


インタビューの時間だけで、タロンの人懐っこい性格は存分に感じ取ることができた。ジョークを交えて答えたり、「君はどう思う?」と逆質問を挟んだり(その様子はこちら)、質問に答え終わると、必ず目を見て白い歯でニッコリ微笑んでみせたり。このインタビューはジャパンプレミアの前日に行われたが、別れ際に「明日はプレミアですね!」と声をかけると「楽しみ!君も来てくれる?」と答えてくれた。「もう試写で観たって?じゃぁもう1回観ようぜ!」とも。初来日ありがとう、タロン・エジャトン

ギャラリー

映画『ロケットマン』は2019年8月23日(金) 全国ロードショー。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly