Menu
(0)

Search

『ロッキー』前日譚、シルベスター・スタローンが本書き開始 ─「若き頃のキャラクターたちの核を捉えたい」

シルベスター・スタローン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/7588423560/

シルベスター・スタローン主演、映画史に残る名作映画『ロッキー』シリーズ。1976年公開の1作目以降、『ロッキー2』(1979)『ロッキー3』(1982)『ロッキー4/炎の友情』(1985)『ロッキー5/最後のドラマ』(1990)『ロッキー・ザ・ファイナル』(2006)の5作品が製作されている。その後の物語としては、『クリード』シリーズにて描かれ続けているが、どうやらロッキー・バルボアたちの知られざる過去がついに明かされることにもなりそうだ。

このたびシルベスター・スタローンは、Instagramにて「『ロッキー』プリクエル(前日譚)の本書きを今朝から始めました」と報告。同作は配信向けとして準備が進められているようで、「全10話構成で、数シーズンかけて、若き頃のキャラクターたちの核をしっかりと捉えたい」「実現することを願っている」と意気込みを語っている。

なお公開された本書きの写真には、「月面着陸」「性革命」「新左翼」「ヒッピー運動 」「冷戦」「アフリカ系アメリカ人公民権運動」と書かれていることも確認できる。本作では、そのような当時の時代背景が描かれることになるかもしれない。また、“ヤングロッキー”を誰が演じることになるのかも気になるところだ。

ちなみにスタローンは以前、『ロッキー』のほか『ランボー』シリーズの前日譚映画も熱望していた。「ランボーが16歳、17歳だったころのことをよく考えていました。プリクエル(前日譚)が作られればいいなと思っているんです」。こちらも製作されることを願いたい。

あわせて読みたい

Source: Sylvester Stallone

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly