Menu
(0)

Search

『ロッキー3』ハルク・ホーガン、スタローンよりさらにデカく見せるための仕掛けとは?

https://www.instagram.com/p/CULvksQJX-8/

ロッキー3』(1982)では、本作に出演していたプロレスラーのハルク・ホーガンを、シルベスター・スタローンより身長を高く見せるためにある仕掛けが施されていたようだ。主演・監督・脚本を務めたスタローンが、その舞台裏を公開している。

プロボクサーのロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)が、プロレスラーのサンダー・リップス(ハルク・ホーガン)とチャリティーマッチで対決するという展開が描かれた本作。ロッキーが自分より体格も身長も大きい相手と異種格闘技で戦うことなるという展開だが、その差を表現するために、ホーガンを箱に上に立たせることで、さらに身長差を作り上げていたのだ。

WWEのプロフィールによるとホーガンは201センチで、Screen Rantによるとスタローンは177センチとのこと。その差は歴然で、もはや箱を用意する必要はなさそうだが、スタローンとしてはサンダーを可能な限り大きく見せて、圧倒的な存在感や威圧感を表現したかったのだろう。

ちなみにスタローンは以前にも、ホーガンとの撮影裏について振り返っていたことがある。「驚くべきほどの力を誇っていました。[中略]信じられない話かもしれませんが、スタントマンたちと戦うために彼が客席に飛び込んだとき、3人が病院で治療を受けることになったのです。偉大な男であり、素晴らしい友人である彼は、その存在感で映画をとても特別なものにしてくれました」。

あわせて読みたい

Source: WWEScreen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly