Menu
(0)

Search

『ロッキー4』ドルフ・ラングレン、スタローンを病院送りにした原因が自分にあるのかわからない

ドルフ・ラングレンとシルヴェスター・スタローン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/4840073885

ロッキー4/炎の友情』(1985)にて、“シルベスター・スタローンドルフ・ラングレンとの撮影により病院送りにされた”というのは有名な話だが、それはスタローン本人が語ってきたこと。ラングレン本人の証言はいかに?

ロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)のライバルにして深い絆で結ばれた盟友、アポロ・クリード(カール・ウェザース)がイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)により帰らぬ人になってしまう本作。アポロの敵を討つため、ロッキーはドラゴと対決することになるが、そのシーンの撮影で思わぬ事故が起きてしまったのだ。以前、スタローンはラングレンのパンチをもろに胸部に受けて、4日半に渡り病院で過ごすことになったことを笑いながら打ち明けていた。元空手家として知られるラングレン。パンチの威力は相当なものだったに違いない。

もっともラングレンは、The Guardianのインタビューにて当時の出来事が真実であるのかについて問われたところ、「どうなんでしょうか。その話を彼はずっとしているので、もしかしたらそうだったのかもしれません」と返しており、どうやら自分のせいなのか否かはっきりしていない様子だ。「彼は病院に行くことになりましたが、それが私のパンチのせいだったのか、それとも監督・俳優・脚本家として働きすぎていたせいなのか」。

15ラウンドにわたるロッキーとドラゴのリングでの対決は、「2〜3週間、1日8〜12時間かけて撮影したんです」と話を続けるラングレン。「パンチを何千発も放っているわけです。しっかりつなげないと、ちょっと嘘っぽく見えてしまいますから」。リアルのパンチをスタローンに放ち続けていたことは事実のようだが、「もちろん相手を傷つけたいというわけではありませんし、恨みもありませんでした」という。

上述の通り、スタローンも当時の出来事を笑いながら打ち明けていて、病院送りにされたことを恨んでいるわけではない。プロとしてリスペクトするふたりならではリアルな戦いにより、迫力満点な映像が生まれたことは紛れもない事実だろう。

あわせて読みたい

Source:The Guardian

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly