『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』新カットを含む最新予告編が登場!

いよいよ公開まで残り一ヶ月に迫ったスター・ウォーズ映画最新作ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。突如として日本版最新予告編が公開された。
ジン・アーソの母親ライラ・アーソが映像初登場となったほか、惑星ジェダ(と思われる)の大地に鉄槌を下すかのように、スーパーレーザーを垂直に撃ち下ろすデス・スターの無慈悲な影、そしてダース・ベイダーの新カットが含まれた必見の映像となっている。

rogue-one-international-trailer-2-2 rogue-one-international-trailer-2-3 rogue-one-international-trailer-2-4 rogue-one-international-trailer-2-5 rogue-one-international-trailer-2-1

今回の予告編で注目したいのは、帝国軍と反乱同盟軍の圧倒的な兵力、そして軍事リテラシーのコントラストである。
いち早く軍事主義を徹底し、歩兵(ストーム・トルーパー)には戦闘用アーマーを、戦地にはAT-ACTカーゴウォーカーなどの戦闘機を整備・布陣し、最新鋭のテクノロジーで究極破壊兵器デス・スターを完成させた帝国軍。一方で、未だにフォースなどという古めかしいオカルトを信仰し、あげく最後の切り札は『希望』などと言い出す反乱同盟軍は、デス・スターの圧倒的破壊力の前に為す術なく逃げ回ることしかできない。

ジン・アーソ、キャシアン・アンドアら率いるローグ・ワン部隊は、この絶望的な兵力の隙間にいかにして潜り込み、デス・スター設計図奪還という危険なミッションを成功させるのか。
日本版ポスターにはキャッチコピーとして『希望は死なない─』と描かれており、「という事はみんなは死ぬんだね?」という良からぬ妄想をさせられたが、果たして後に誕生する『新たなる希望』の裏にどれほどの犠牲が払われていたのか。その全貌が明らかになるのは、いよいよ12月16日だ。

rogue-one

 

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。