アメリカのスーパー・ヒーロー達はドナルド・トランプ当選をどう見るのか?

これが現実なのだろうか?

日本時間でアメリカ大統領選挙から一夜が開け、各メディアはドナルド・トランプ大統領誕生によって、世界、アメリカ、そして日本にどのような経済的影響が及ぶかを報じている。勝利を受け、なんだか当の本人も「本当に当選しちゃったよ」とでも漏らしそうな表情をしているのが印象的だ。

24cbff01

アメリカ各所では既に暴動に似た抗議活動が巻き起こっており、国外脱出を真剣に検討するなどの拒絶反応が見られている。ポップスターやセレブたちも口々に怒りや悲しみの意見を公にしており、たとえばレディー・ガガなどはニューヨークのトランプ・タワー前で『愛は憎しみに勝る』というプラカードを掲げ、反トランプの意を改めて示した。

アメリカの美徳を守り、ダイバーシティ(多様性)を尊重するヒーローたちは、白人至上主義であり超資本主義のドナルド・トランプ大統領をどう迎えるのであろうか。

オバマとトランプ、マーベル・コミックでの扱いの違い

2008年の大統領選挙でバラク・オバマが当選した際、コミックヒーローは史上初の黒人大統領を歓迎した。コミックの中でスパイダーマンはオバマの大統領就任式に現れ、式を妨害しようとするヴィランから彼を守った。最後には、オバマとスパイダーマンが固い握手を交わしている。

スパイダーマンとオバマ大統領

http://comicvine.gamespot.com/articles/spder-man-meets-president-obama/1100-137748/

かたやドナルド・トランプといえば、実は既に『ヴィラン』としてコミックに登場している。2016年6月に発売されたマーベル・コミック”Spider-Gwen Annual #1″にて、ドナルド・トランプそっくりの顔をしたヴィラン、その名もM.O.A.A.K (Mental Organism Designed As America’s King=「アメリカ王として設計された精神有機体」)が紙上にてふんぞり返っている。

ドナルド・トランプ、マーベル・コミックにヴィラン(悪役)として登場 風刺ぷりが凄いと話題に

時代を大きく変える一大事であるだけに、トランプ新大統領を題材としたエピソードは今後必ず発刊されるに違いない。キャプテン・アメリカやスパイダーマンらがトランプとどう対峙するのかについては、今後のコミックの動向を待つとして、ここでは映画でヒーローを演じた役者達がトランプ当選の知らせにどう反応したかを見てみよう。

クリス・エヴァンス = キャプテン・アメリカ、スティーブ・ロジャース

「アメリカにとって恥じるべき夜だ。憎悪をかりたてる扇動者にこの大国の指揮を委ねてしまった。イジメの代表者に我々の指針を委ねてしまった。僕は打ちのめされている。」

マーク・ラファロ = ハルク、ブルース・バナー

「今、我々がすべきことがわかるかい?我々が築いてきたものを完成させ、反撃に出ろ!兄弟、姉妹たちよ、顔を上げるんだ。」

カール・アーバン = レナード・”ボーンズ”・マッコイ(スター・トレック)

「速報 トランプ、ムスタファー・システムを獲得」

「アメリカの現在の状況!」

世界中のスーパーヒーローら、困惑

そんな中、パロディの世界では世界中のスーパーヒーローらがトランプ当選の速報をTV中継で見守り、落胆と困惑の表情を見せる『リアクション映像』が話題になっている。歴代のクラーク・ケント、ブルース・ウェインや、アベンジャーズ、スパイダーマン、ウォッチメンらは、この衝撃に動揺を隠せない。

ロン・パールマン、出馬表明

民主主義によって選出されたとは言え、アメリカ中に強い嫌悪感と困惑を招いているのも事実のようだ。世界は、トランプが任期満了となる2020年まで、この強欲な大統領と向き合っていかなければならない。
しかし、2020年から先の世界は、これから変える事ができる。『トランプの次』の大統領に名乗りを上げたのがこの男、ロン・パールマンだ。


「私は、このFacebook投稿を通じ、2020年のアメリカ大統領選に立候補することをここに表明します。」

ロン・パールマンといえば、2004年『ヘルボーイ』、2008年『ヘルボーイ / ゴールデンアーミー』で主役のヘルボーイを演じている。マーベルでもDCでもない第三勢力『ダークホースコミックス』原作のアメコミ映画だ。すっかり忘れされている感があるシリーズだが、ダークな世界観と個性豊かなヒーローたちが大活躍する良作なので機会があればチェックしてみてほしい。

ちなみに、2020年の大統領に立候補したロン・パールマンは『デッドプール2』で登場するとされている『ケーブル』役にも立候補している。

『ドナルド・トランプ大統領』は2017年1月20日、全世界同時就任。これは映画ではなく、現実である。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。