Menu
(0)

Search

リブート版「ロズウェル – 星の恋人たち」ポスターが米公開 ─ 「ロズウェル事件」をモチーフにしたSFラブロマンスが蘇る

ドラマ「ロズウェル  – 星の恋人たち」が新たに蘇る。米The CW局は、原題を「Roswell, New Mexico」とするこのリブート版のティーザービジュアルを公開した。

「ロズウェル  – 星の恋人たち」は、日本でも2001年から2002年にかけて放送された人気ドラマ。「ロズウェル事件」をモチーフに、リズ、マックス、イザベルら若き男女の恋愛・友情ドラマに、エイリアンやFBI捜査といったSFサスペンス要素が盛り込まれていた。この度公開されたポスターでは、リズとマックスが幻想的な星空を背景に身体を寄せ合っている。

この度のリブート版では、主人公のリズを「グレイズ・アナトミー」ジャニーン・メイソンが、人間として育ったエイリアンのマックスを「オリジナルズ」ネイサン・パーソンズが演じる。2001年ドラマ版の主人公リズは女子高生だったが、今回は生物医学の研究者という役どころ。研究資金が底をつき地元に戻ったところ、10代の頃に思いを寄せていたマックスが警察官になっており、実はエイリアンの正体を隠して生きていた事実が判明する。このリブート版では、リズの両親が不法移民という設定。再会した2人は重大な秘密を抱えたまま恋仲になるが、そこに政府の陰謀が近づき…というストーリーだ。

リブート版「Roswell, New Mexico」では、ドラマ「オリジナルズ」脚本のカリーナ・アドリー・マッケンジーが脚本とエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

「Roswell, New Mexico」は2019年より米The CW局で放送予定。オリジナル版のファンも多い日本でも観られることを祈りたい。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly