『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ラスト、アナキンのゴースト姿を巡るファン賛否 ─ 新エンディングは運命の輪を閉じたか

スター・ウォーズ』ファンの間では、長年決着の付ききらない議論が多数存在するが、中でも『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)ラストシーンの解釈をめぐるものはファンの間では有名だ。

そのシーンとはもちろん、アナキン・スカイウォーカーのフォース・ゴーストの姿にまつわるもの。帝国軍を壊滅せしめた反乱軍は、第二デス・スターのシールド発生装置の破壊作戦に多大な貢献をもたらした惑星エンドアの原住民イウォーク族と共に勝利を祝っていた。そこには、いにしえのジェダイの騎士らにとって「新たなる希望」であり、ベイダーと皇帝を打ち破ることができた「最後のジェダイ」ルーク・スカイウォーカーを優しい眼差しで密かに見守るオビ=ワン・ケノービとヨーダのフォース・ゴーストの姿があった。ルークも視線で答えると、そこに父アナキン・スカイウォーカーの亡霊姿も加わる。いま、銀河をめぐる運命の輪が安堵と共に閉じられた…。

しかし、スター・ウォーズ・ファンはこのエンディングに一言挟まざるを得ない。このシーンは、オリジナル版では『ジェダイの帰還』でダース・ベイダーの素顔を演じたセバスチャン・ショウがアナキンのフォース・ゴーストを演じていたが、2004年発売のDVD版をもって、『エピソード2/クローンの攻撃』(2002)『エピソード3/シスの復讐』(2005)で若きアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンの頭部に変更されたのである。

ヘイデン版アナキン 否定派の意見

長年、セバスチャン・ショウ演じる老年アナキンの姿に抱いていた深い想い入れは裏切られてしまったのか。なぜアナキンだけが若返って現れるのか、辻褄が合わなくなるのではないか…。2004年の変更当時、ファンの間では様々な声が上がり、この変更は未だに賛否の中にある。

2004年当時、「来たるDVD版では『ジェダイの帰還』に新たなエンディングが用意されて、セバスチャン・ショウのアナキンがヘイデン・クリステンセンの姿に差し替わるそうだ」と伝えたWebページには、様々なファンのコメントが多数書き込まれている。「では、なぜオビ=ワンをユアン・マクレガーの姿に、ヨーダをCGの姿に差し替えないのか」「オリジナルを改ざんしないでくれ」「ショックだ」などとヘイデン版フォース・ゴーストを受け入れ難いとする意見を見て取ることができる。

『オリジナル・スター・ウォーズ・トリロジーに反する10の大罪」と題したDen of Geekの記事では、その大罪の中でもナンバーワンとして件の問題を指摘している。オリジナル版では、オビ=ワンにヨーダ、そして老年アナキンと3人のジェダイ・マスターが揃ったが、ヘイデン版への変更はそのイメージを破壊してしまったと痛烈に批判。「ルーカスはヘイデン・クリステンゼンの新しい映像を撮ることすらしなかった。彼は衣装テスト時のビデオの頭部を、セバスチャン・ショウに重ねただけなんだ。」

記事では、同変更は「アナキンの贖い」というコンセプトも否定していると指摘する。これこそが、変更反対派が最も強く頷く「矛盾」である。つまり、一般的にエピソード6の副題「ジェダイの帰還」とはアナキン・スカイウォーカーのことを暗示しており、パルパティーンの電撃に苦しむ息子ルークの姿を見て善の心を取り戻し、パルパティーンを倒した時にベイダーの体にジェダイとしてのアナキンが「帰還」し、その魂は救済されたはずだった。であれば、フォース・ゴーストの姿はセバスチャン・ショウが演じた老年のアナキンの姿でなくてはならない。ヘイデン演じる若いアナキンに差し替えるということは、即ち暗黒面に堕ちてなお続くアナキンの苦しみや、最期に善の心を取り戻した偉大なる勇気を全て無と否定することになる。思い出して欲しい、かつて最愛の人だったパドメは死の瞬間、「あの人には善の心が残っている」と言い遺しているのだ。パドメが正しければ、ベイダーと化して尚もそのおぞましき機械人間の奥深くには、善人アナキンとしての光は例え僅かであろうと潰えていなかったはずなのである。

アナキン・スカイウォーカー

illust by THE RIVER

ヘイデン版アナキン 賛成派の意見

否定派の意見に理解の余地があるように、肯定派の主張にも整合性がある。スター・ウォーズの著名なファンメディアであるMaking Star Warsの編集長ジェイソン・ワード氏の見解によれば、アナキン・スカイウォーカーの物語を考える際には、『クローンの攻撃』『シスの復讐』時の青年アナキン、つまりヘイデン版を主軸と捉えるべきなのだ。観客にとって善人アナキンの姿とはヘイデンの姿のことであり、この変更によってアナキンの運命が果たされたことが視覚的にわかりやすくなったと伝えている。

また、一般的には「善のアナキンは、暗黒面に堕ちた時に死んだ」と捉えるのが良いだろう。後になって「見方次第では正しいだろう」と弁明したオビ=ワンによれば、アナキンとはシス卿ダース・ベイダーに殺されたのである。フォース・ゴーストが死の際の姿を反映するのなら、善のアナキンが死んだ瞬間、すなわち『シスの復讐』当時のヘイデン・クリステンセン演じる姿となって現れたのは納得ができる。

世界的な経済誌Forbsは、「若い姿のフォース・ゴーストは完全に理に適っている」として、2,820語にも及ぶ長文記事を発表した。この記事の中で映画ライターのマーク・ヒューズ氏は興味深い持論を展開している。フォース・ゴーストとして現世に姿を表すジェダイたちは、自分の姿、つまり年齢を意識によって変えられるのではないかというものだ。この仮説は、「なぜアナキンだけ若返り、オビ=ワンとヨーダは老年のままなのか」という意見に反撃できる。オビ=ワンとヨーダはルークに対して姿を見せていたのだから、自然と老年時の姿にならざるをえない。ではアナキンが若い姿を選んだ理由は?これについては想像だが、我が息子に自身が最も善のジェダイとして光を信じていた姿を見せてやりたかった、と解釈することもできるだろう。

もっとシンプルな考え方もある。創造主ジョージ・ルーカスと言えば、旧三部作に対して1980年代の公開当時では技術的に実現できなかった表現を後年になって頻繁に加えることで知られる。『ジェダイの帰還』公開当時も、本当は若い頃のアナキンの姿をフォース・ゴーストとして登場させたかった。しかし、それこそ当時の観客にとって突然見慣れない若者が現れることになってしまうので、セバスチャン・ショウの姿のままを起用していた、というものだ。

また、『ファントム・メナス』(1999)から『シスの復讐』までのプリクエルが出揃った2004年となっては、実はセバスチャン・ショウの姿は差し替えた方がむしろ好都合だった。なぜなら、『ジェダイの帰還』撮影当時のセバスチャン・ショウは70台後半の年齢だったが、プリクエルの設定で換算するとこの時点でアナキンは40台前半でなければならない。老けすぎてしまったのである。

 

公式の見解は

「ヘイデン差し替え問題」否定派と肯定派の両意見はまだまだあるが、ここで最も公式見解に近い情報を紹介しておこう。スター・ウォーズの公式Youtubeチャンネルが2014年12月に投稿した公式アニメ「クローン・ウォーズ」にまつわる製作陣のQ&Aセッションにて、ファンの「ダース・ベイダー(アナキン)はどうやってフォース・ゴーストとなる術を学んだのか」との質問に、アニメ版監督のデイブ・フィローニが答えている。

「その疑問は私もジョージに対して抱きました。私は答えを知ってるんですが、ここでは教えません」と少し意地悪なデイブ監督がわずかに語ったところによると、やはり「アナキンのフォース・ゴーストの姿は、彼が善人であった最後の瞬間のもの」であるという。

「フォース・ゴーストの姿が老人のままだったら、神話的に辻褄が合わなくなってしまいます。何故なら、(ベイダー時代の)彼は善人ではなかったから。あの邪悪な老人だった時、彼はバランスが取れていなかった。だから彼は姿を変え、若い姿として登場したというわけです。」

『最後のジェダイ』登場の可能性

アナキンのフォース・ゴーストを存命のヘイデン・クリステンセン姿に差し替えたことにより、現代になって喜ばしい副影響が生じた。2015年の『フォースの覚醒』より始まった新しい三部作に、ヘイデン姿のアナキンのフォース・ゴーストを登場させることが可能になったからだ。

実はアナキンのゴーストは『フォースの覚醒』時にも登場が検討されていた。書籍『アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、黒いローブを纏ったヘイデン・モデルのアナキンの顔がこちらを睨みつけており、その表情がダース・ベイダーのマスクに次第に変化していくという悪夢的なコンセプト・アートを確認することができる。このシーンがその後実際に撮影された事実はなかったというが、続く『最後のジェダイ』や『エピソード9』にヘイデンが演じるアナキンの亡霊が姿を表す可能性は大いにあるだろう。

さて、あなたは『ジェダイの帰還』ラストでアナキンのフォース・ゴーストをヘイデン・クリステンセンの頭部に差し替えた事について、どう思われるだろうか。また、アナキンが『最後のジェダイ』や『エピソード9』に再登場するとしたら、どうだろうか。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開。

Source:https://youtu.be/iKWDZaxUoMg
http://www.denofgeek.com/us/movies/star-wars/17281/the-10-worst-crimes-against-the-original-star-wars-trilogy
https://www.forbes.com/sites/markhughes/2017/01/06/star-wars-jedi-force-ghosts-appearing-in-sequels-makes-perfect-sense/
http://hoaxes.org/weblog/comments/rotj
https://makingstarwars.net/2013/08/return-of-a-jedi-why-i-prefer-young-anakins-ghost/

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。