マーベル/X-MEN『LOGAN/ローガン』英語脚本が全編公開される

20世紀フォックスが主導する『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品、映画『LOGAN/ローガン』の脚本が全編公開された(英語版)。脚本・監督を務めたジェームズ・マンゴールドが自身のTwitterにて告知している。

『LOGAN/ローガン』の脚本が公開されているのは、20世紀フォックス社のウェブサイト。先日、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)の脚本が全編公開されたことが大きな話題となったが、賞レースに突入する時期だからだろうか、こうして全編の脚本を広く公開することがトレンドになりつつあるようだ。劇場公開時から高い評価を受けたストーリーを、ぜひブルーレイ&DVDなどを観ながら文字でも楽しんでほしい。

 

本作の原案となったのは、マーク・ミラー原作/スティーブ・マクニーブン作画のコミック『ウルヴァリン:オールドマン・ローガン』(ヴィレッジブックス刊)。
脚本を執筆したのはマンゴールド監督のほか、『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013)のスコット・フランク、『ブレードランナー 2049』(2017)や『オリエント急行殺人事件』(2017年12月8日公開)など話題作を数々手がけるマイケル・グリーンだ。

映画『LOGAN/ローガン』のブルーレイ&DVDは現在発売中

Source: http://comicbook.com/marvel/2017/12/06/entire-logan-script-released-online/
©2017Twentieth Century Fox Film Corporation

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。