Menu
(0)

Search

スカーレット・ヨハンソン、70年代アメリカの「風俗街の帝王」演じる ― 『ゴースト・イン・ザ・シェル』監督と再タッグ

©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース作品のブラック・ウィドウ役、実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017)などで知られる女優スカーレット・ヨハンソンが、非常にチャレンジングな新作映画に挑む。

米Deadline誌によれば、新作映画『Rub & Tug(原題)』でスカーレットが演じるのは、1970~1980年代に実在した“風俗街の帝王”ジーン・マリー・ジル。身体的には女性、精神的には男性だったとされ、ダンテ・“テックス”・ジルとの名前でも知られていた人物である(映画に登場するのがジーン本人なのか、正確にはジーンを題材とする別の人物なのかは不明)。

1970年代、アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグの風俗街にて違法マッサージ店を複数経営し、売春の斡旋やドーピング剤の取り扱いによって自らの“帝国”を築いたジーンは、ゲイ・コミュニティにおいて強力な仲間を得ていき、その力を強めていったとされる。派手な装いで、酒を飲んではアイリッシュ・ポエトリー(アイルランド語と英語を混合した詩)をまくしたてる、明るい人物だったそうだ。1978年、経営するマッサージ店に警察が踏み込んだ際には、潜入捜査官にバースデー・ケーキを投げつけたというエピソードもある。

「ビジネスの手腕に長け、性的混乱を体現し、マイケル・ジャクソン以来のファッションが目を惹く」などと語られたというジーンは、その反抗的な振る舞いによって、警察からも敵対する犯罪組織からも目をつけられていたようだ。従業員の一人が手紙に仕込まれた爆弾によって殺害されたり、店舗に不審火があがって死者が出たりと、とうてい「本人は明るい人物だった」では済まされない事件が多発しているのである。1983年に税金詐欺の疑いで逮捕された際には懲役12年が言い渡されたが、24時間以内にマッサージ店を3店舗閉店したことで懲役3年の減刑を受け、1987年に釈放。72歳でその生涯を終えている。

この豪快すぎる人生を映画化するのは、なんと『ゴースト・イン・ザ・シェル』でスカーレットとタッグを組んだルパート・サンダース監督。脚本は『バリー・シール/アメリカをはめた男』(2017)のゲイリー・スピネリが執筆し、映画化にあたっては、主人公ジーンとガールフレンドであるシンシアの恋愛も物語の核になるそうだ。なお、製作には大御所プロデューサーのジョエル・シルバーやスカーレット自身らが名前を連ねている。

ジーン・マリー・ジルの強烈な人生を描く本作は、主演を務めるスカーレットにとっても、ファンタジーやSF映画を手がけてきたルパート監督にとっても新たな一面を切り拓く作品となるだろう。ちなみに米Variety誌によれば、二人の就任が決定する以前、本作にはジェニファー・ローレンスやポール・グリーングラス監督、デヴィッド・O・ラッセル監督が打診を受けていたという。

スカーレット・ヨハンソン主演、ルパート・サンダース監督による映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のブルーレイ&DVDは現在発売中。

Sources: Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly