Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』ハルク役マーク・ラファロ、環境汚染告発の弁護士演じる ― 『キャロル』トッド・ヘインズ監督作品

マーク・ラファロ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14779708516/

『アベンジャーズ』シリーズなどのハルク役や、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)などで知られる俳優マーク・ラファロが、企業による環境汚染を告発した実在の弁護士を演じる。米Deadlineが報じた。

マークが出演するのは、『キャロル』(2015)や『エデンより彼方に』(2002)などを手がけたトッド・ヘインズ監督の最新作(タイトル未定)。トッド監督は『ワンダーストラック』(2017)がカンヌ映画祭でパルム・ドールを争うなど、映画界の重鎮として存在感をますます高めているクリエイターだ。

報道によると、本作でマークが演じるのは、米国の化学企業デュポンによる環境汚染を告発した弁護士ロバート・ビロット役。長年まかり通ってきた不祥事を明らかにしたことで、“デュポンの天敵”と呼ばれた人物だ。映画の原作となるのは、米New York Timesの記事「デュポン史上最悪の悪夢となった弁護士(The Lawyer Who Became DuPont’s Worst Nightmare)」だ。『スポットライト 世紀のスクープ』を手がけた米Participant Mediaが製作を担当し、マークはプロデューサーを兼任する。

脚本を執筆したのは『ワールド・ウォーZ』(2013)や『バーニング・オーシャン』(2016)のマシュー・マイケル・カーナハンで、新鋭作家のマリオ・コレアが改稿にあたっているとのこと。なお物語の主人公であるロバート・ビロット本人が作品の監修を務める。

マーク・ラファロ主演、トッド・ヘインズ監督による新作映画(タイトル未定)の公開時期は不明。2019年の撮影開始が予定されている。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly