Menu
(0)

Search

『サーチ』監督最新作『ラン』6月18日に公開決定 ─ スリリングな予告編も到着

RUN/ラン
© 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

search/サーチ』(2018)のアニーシュ・チャガンティ監督&製作陣による映画『Run(原題)』が、邦題『RUN/ラン』として、2021年6月18日(金)より全国公開されることが決定した。あわせて、日本語版の予告編も到着している。

ある郊外の一軒家で暮らすクロエ(キーラ・アン)は、生まれつき慢性の病気を患い車椅子生活を余儀なくされている。しかし常に前向きで好奇心旺盛な彼女は、地元の大学への進学を望み、自立しようとしていた。そんなある日、クロエは自分の体調や食事を管理し、進学の夢も後押ししてくれている母親ダイアン(サラ・ポールソン)に、不信感を抱き始める。

ダイアンが、新しい薬と称して差し出す緑色のカプセル。クロエの懸命な調査により、それは決して人間が服用してはならない薬だったのだ。なぜ最愛の娘に嘘をつき、危険な薬を飲ませるのか。そこには恐ろしい真実が隠されていた。ついにクロエは母親の隔離から逃げようとするが、その行く手には想像を絶する試練と新たな衝撃の真実が待ち受けていた……。

公開された予告編は、『search/サーチ』を彷彿とさせる、PCログイン画面の様子から始まる。アイコンにはクロエとダイアンの仲睦まじい姿。チャガンティ監督の最新作は“母娘の物語”だ。前作と同じく親子愛の物語のようだが、献身的な様子の母親から感じるこの違和感は何なのか。

毎日母から飲まされる薬に不審点を見つけたクロエは、ネット検索を試みるも、“インターネットに接続されていません”の表示。本作は前作とは真逆で、インターネットや携帯に接続できない環境なのだ。「僕らなりの方法で、“前回とは違うよ”と、伝えているんです」と、チャガンティ監督と製作陣は意図を説明している。

薬の正体が、“人が服用しない薬”だという衝撃の事実が判明し、全力で母親からの逃亡を図るクロエ。一気に狂気をあらわにするダイアン。毒母の言葉の真意、そして母娘の絶叫の末に待つ衝撃のラストとは。予告編映像の締めくくりに、「私が必要でしょ?」というダイアンの表情は、尋常でない不気味さを帯びている。

RUN/ラン
© 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画『RUN/ラン』は、2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly