Menu
(0)

Search

『デッドプール』ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマンのXフォース加入を希望 「本人役で」

ライアン・レイノルズ
[左]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19569352488/ [右]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9355825279/ Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

ぜんぜん諦めていない…!
映画『デッドプール2』(2018)で主演・脚本・製作を兼任したライアン・レイノルズは、デッドプール率いるヒーローチーム「Xフォース」にヒュー・ジャックマンの加入を希望しているようだ。

2018年7月の「San Diego Comic Con」に登場した『デッドプール2』の出演者たちは、米BuzzFeedの座談会にて「Xフォースに加わってほしい、ほかのフランチャイズのキャラクターは?」との質問に応答。『デッドプール2』に楽曲を提供したセリーヌ・ディオン、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009)に登場した怪力の持ち主フレッド・デュークス/ブロブなどの名前が挙がる中、我らがライアンは期待を裏切らなかった。

「僕はヒュー・ジャックマンを狙いますよ。ローガン役じゃなくて、ヒュー・ジャックマン役で。」

『X-MEN』シリーズでウルヴァリン役を演じてきたヒュー・ジャックマンは、『LOGAN/ローガン』(2017)をもって同役を卒業。『デッドプール2』のプロモーションでライアンはヒューに熱いラブコールを送ったが、ヒューはウルヴァリン役での共演を固辞している。ライアンが提案した“本人役で”というアイデアは、まさしく最後の切り札といえそうだ。

なお『デッドプール』シリーズの次回作は『デッドプール3』ではなく、『デッドプール2』で結成されたXフォースのメンバーが総出演する『Xフォース(仮題)』。こちらの製作はしばらく先になりそうだが、ライアンによる“ウルヴァリンイジり”は今後も継続されるに違いない。ライアンが諦めないかぎり、共演の可能性は残されているだろう。

ちなみにBuzzFeedによる「Xフォースに入ってほしいキャラクター」には、エコロジーをテーマにした1990年代の同名テレビアニメよりキャプテン・プラネットの名前も挙げられている。実はこのキャラクター、2011年にパロディ作品として実写化されており、その際にキャプテン・プラネットを演じたのは『アベンジャーズ』などのウォーマシン役で知られるドン・チードルだったのだが……奇跡のクロスオーバー、もしも実現すればとんでもなく面白いはず!

映画『デッドプール2』ブルーレイ&DVDは2018年9月12日(水)発売

Source: BuzzFeed
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore(1, 2) Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly