Menu
(0)

Search

『ソウ』リブート版にサミュエル・L・ジャクソンが出演決定 ─ 過去作との関連は現時点で不明

サミュエル・L・ジャクソン
©THE RIVER

サイコスリラー映画の一時代を築いた『ソウ』シリーズのリブート作に、サミュエル・L・ジャクソンが出演することがわかった。Varietyが伝えた。

リブート版『ソウ』では、クリス・ロック演じる連続怪事件の捜査官が登場。サミュエルはその父親を演じる。ほか、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)や「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(2017-)のマックス・ミンゲラがロック演じる捜査官の相棒役として、「リバーデイル」(2017-)のマリソン・ニコルズがロックの上司としてキャスティングされている。

製作はLionsgate。あらすじや、シリーズ過去作との関係性などの詳細はヴェールに包まれたままだが、米メディアは「リブート」と表現。同社会長のジョー・ドレイク氏は本作について「『ソウ』のネクストレベル」と自信たっぷりだ。『ソウ』シリーズといえば、震え上がるような「ゲーム」の数々が特徴だが、本作でも「レベルアップしたひねくれた危険な装置、クレバーな仕掛け、そして世界で最も恐ろしいホラーシリーズとして期待できる、座席から乗り出してしまうようなサスペンス」が見られるという。

これまでのシリーズで製作を担当したマーク・バーグとオーレン・コーレスも復帰し、監督は『ソウ2』(2005)『ソウ3』(2006)『ソウ4』(2007)も手がけたダーレン・リン・バウズマン。脚本は『ジグソウ:ソウ・レガシー』(2017)のジョシュ・ストールバーグ&ピーター・ゴールドフィンガーのコンビ。シリーズを知る製作陣がカムバックして贈られる全く新しい『ソウ』は、どんな恐怖をもたらしてくれるのだろう。

『ソウ』新作は2020年10月23日、米公開予定。さあ、ゲームをしよう。

▼ ホラーの記事

    Source:Variety

    Writer

    中谷 直登
    中谷 直登Naoto Nakatani

    THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

    ドゥーム・パトロール シーズン1

    しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

    スモール・アックス

    ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

    ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

    【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

    ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

    これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

    ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

    【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

    「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

    「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

    ドゥーム・パトロール

    【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

    ガンパウダー・ミルクシェイク

    【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

    Ranking

    Daily

    Weekly

    Monthly