Menu
(0)

Search

『スケアリーストーリーズ』監督、「2時間ずっと怖がってほしい」 ─ ギレルモ・デル・トロらが恐怖の舞台裏を語るメイキング映像

スケアリーストーリーズ 怖い本
©2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018)のギレルモ・デル・トロが企画・製作・原案を務め、全米のトラウマ児童書を映画化する『スケアリーストーリーズ 怖い本』が2020年2月28日(金)に公開される。このたび、デル・トロや新星アンドレ・ウーヴレダル監督、出演者たちが撮影の舞台裏を語ったメイキング映像が到着した。

本作の原作となったのは、全米の子どもたちにトラウマを与えた“最恐”の児童書シリーズ。デル・トロは、自身が大きな影響を受けた作品の映画化にあたり、『ジェーン・ドウの解剖』(2016)を手がけた新星アンドレ・ウーヴレダルを監督に起用した。ウーヴレダルは今回が初めてのハリウッド映画となるが、独特な完成を見込まれての抜擢だ。

今回の特別映像では、ウーヴレダル監督が、いかにも“出そう”な屋敷を訪れる子供たちの映像をバックに「現代的なホラー映画と、僕が見て育ったアンブリン・エンターテインメントの映画を融合しました」と語る。巨匠スティーヴン・スピルバーグが設立した、『E.T.』(1982)『グレムリン』(1984)などのアンブリン作品の精神が本作には活きているのである。

スケアリーストーリーズ 怖い本
©2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

デル・トロは、ウーヴレダル監督を「キャラクターに対する素晴らしいセンスを持っていて、ユーモアのセンスも見事。作品のテンポ感覚も最高だ。それにもちろん、すごく怖い」と絶賛。さらに『スケアリーストーリーズ』についても、「ほかのホラー映画とは違うタイプ。ジェットコースターのように恐怖を楽しめますよ」と太鼓判を押した。

原案を担当したデル・トロは時代背景にもこだわり、物語の舞台に1968年を選んだ。ジョン・F・ケネディやキング牧師が暗殺され、長期化したベトナム戦争への反戦運動が高まり、世界各地でデモや暴動が多発した1968年は、それ以前の価値観が大きく覆り、かつては想像すらされなかったような出来事が起こった激動の年。作家志望のヒロイン、ステラ役のゾーイ・コレッティも「特殊な時代です。現実味を帯びていますよね」と述べている。

また、ラモン役のマイケル・ガーザは役づくりについて「時間をかけてキャラクターに深みを持たせ、リアルに作り上げていった」とコメント。ステラの友人、チャック役のオースティン・ザユルは「一度捕まれば、恐怖からは逃げられない」と本作の恐怖を語った。監督いわく、「“怖い本”は恐怖を利用して物語を書く。彼らの内面にある恐怖を現実にする」。襲われた人間が持つ恐怖心こそが、実は恐ろしさの源なのだ。

スケアリーストーリーズ 怖い本
©2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ちなみに映像の後半には、ラモンが“何か”から懸命に逃れようとするシーンのメイキングも収められている。ガーザは「監督は逃げ場のない感じを出すのがお上手なんです。ホラーについて熟知されているので」と苦笑いを浮かべた。「緊張と恐怖を作り出したかった、観客には2時間怖がってほしい」とは監督の弁である。

『スケアリーストーリーズ 怖い本』

ハロウィンの夜、町外れの幽霊屋敷に忍び込んだ高校生のステラたちは一冊の本を見つける。そこには、美しい手書きの文字で、噂に聞いた怖い話の数々が綴られていた。持ち帰った翌日から、子供たちがひとり、またひとりと消えていく。そして、その“怖い本”には毎夜ひとりでに新たな物語が書かれていった。物語の主人公は消えてしまった子供たち。彼らが“いちばん怖いこと”に襲われる物語がそこにあった。次の主人公は誰なのか、子供たちはどこへ消えたのか。“怖い本”の呪いからは、誰ひとり逃げられない……。

スケアリーストーリーズ 怖い本
©2020 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

原作は累計700万部もの売り上げを誇りながら、子どもたちにトラウマを与えたとして全米の図書館に置くことが禁じられた“最恐”の児童書シリーズ。企画・製作・原案のギレルモ・デル・トロが10代の頃に大きな影響を受けた本シリーズは、実際の事件を彷彿とさせる描写やおどろおどろしい挿絵に親や教師から苦情が殺到した。デル・トロの原点といえる作品の映画化にあたり、監督に起用されたのは『ジェーン・ドウの解剖』(2016)のアンドレ・ウーヴレダル。恐るべき映像表現とダークなユーモアの才能から、デル・トロに「この映画を任せられる監督は彼しかいない」と言わしめた。

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2020年2月28日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

ホラー界新ヒロイン「青白い女」ほんとに怖い

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly