Menu
(0)

Search

アーノルド・シュワルツェネッガーのドラマ、Netflixで正式始動 ─ 互いにスパイと知らなかった父娘の活躍描く

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』ジャパンプレミア
©THE RIVER

『ターミネーター』シリーズなどのアーノルド・シュワルツェネッガーが、ドラマシリーズにて初めて主演・製作総指揮を務める作品がNetflixにて正式始動した。米Deadlineが報じた。

タイトル未定の本作は、父と娘が世界を股に掛けて活躍するスパイ・アドベンチャー。これ以上の物語に関する詳細は伝えられてこなかったが、このたび正式始動にあわせて、あらすじが以下の通りに発表された。

「ある日、父と娘はそれぞれCIA工作員として何年も前から密かに働いていたことを知り、これまでの自分たちの関係が全て偽りであり、お互いのことを実は全く知らないことに気付くのだった。そんなふたりがひょんなことからパートナーとしてチームを組むことを余儀なくされる。世界を股にかけるスパイシリーズでは、ファンタスティックなアクションとユーモア、そして普遍的な家族の物語が描かれていく。」

一筋縄ではいかなそうなスパイ・アドベンチャー・シリーズにて、シュワルツェネッガーが父親役を、『トップガン マーヴェリック』のモニカ・バルバロが娘役を演じるとのことだ。製作総指揮にはシュワルツェネッガーのほか、『オールド・ガード』(2020)のデヴィッド・エリソン、『ジェミニマン』(2019)のダナ・ゴルドベルクなどが就任。プロデュースは『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)などのスカイダンス・メディアのテレビジョン部門が、クリエイターは「プリズン・ブレイク」(2005-2017)や『ジャック・リーチャー』リブートドラマのニック・サントラが担当する。

ちなみにシュワルツェネッガーは過去に、ジェームズ・キャメロンによる『トゥルーライズ』(1994)でスパイ役を演じたことがある。同作は家族に身分を隠しながら、スパイとして危険な任務に挑む姿を描いた作品だ。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly