【ミッドナイト・イン・パリにも登場】『グレート・ギャツビー』のF・スコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダの伝記映画が製作決定

世界中の文学家、読書家が一度は手にとった事があるであろう名作『グレート・ギャツビー』の著者であり、アメリカで一番有名な小説家であるF・スコット・フィッツジェラルドと彼の妻、ゼルダ・セイヤーを描いた伝記映画『Scott and Zelda: A Tale from the Jazz Age(原題)』の製作が決定された。

F・スコット・フィッツジェラルド、ゼルダ・セイヤーとは

1920~30年代に活躍した「ロストジェネレーション」における代表的な作家であるF・スコット・フィッツジェラルドは、1986年にアメリカ、ミネスタ州生まれ。幼少期をニューヨークで過ごし、大学では詩や脚本を買いていたが第一次世界大戦によって中退し、陸軍へ入隊した。訓練中に小説『ロマンティック・エゴイスト』(『楽園のこちら側』)の執筆を始めるなど、書くことへの情熱の強い男だった。

その頃に出会ったのが、後に妻となるゼルダ・セイヤーである。

176f1eabd808f1bb4dbbc48875c6b7f7

https://jp.pinterest.com/

絶世の美女と呼ばれていたゼルダ・セイヤーと恋に落ちた彼は、除隊後コピーライターとして広告代理店に勤めるものの、彼女に婚約を解消されてしまう。ゼルダを振り向かせるために、フィッツジェラルドは会社を辞め、執筆に全力を注いだ。そして出版されたのが、『ロマンティック・エゴイスト』を改題した『楽園のこちら側』であり、ベストセラー小説となったのだ。再び婚約した二人は、無事結婚をする。

f-scott-fitzgerald-an-american-icon-4

http://definitivetouch.com/

しかし、ゼルダ・セイヤーが常にフィッツジェラルドを金銭的に困らせていたことや、後に移住したパリで統合失調症となり、精神病院に入院してしまったことなどが、この一見華やかな夫婦生活に影があった事を物語っている。

この、彼らの結婚生活を中心に描くのが『Scott and Zelda: A Tale from the Jazz Age(原題)』なのである。

原題に含まれているThe Jazz Age(ジャズ・エイジ)とは1920年代を指していて、皆がジャズを聞いて踊り狂っていた。それこそ、妻のゼルダ・セイヤーは、フラッパー(以前までの女性に求められてきた社会的、性的規範を軽視した女性たち-Wikipedia)であり、パーティー三昧であったと言われている。

まさにこのときの夫妻が、実はウディ・アレン監督作『ミッドナイト・イン・パリ』で描かれているのだ。

『ミッドナイト・イン・パリ』で描かれているフィッツジェラルド夫妻

私はこの映画を(そしてウディ・アレンを)愛して止まない。

paris-fitzs

https://keithandthemovies.com/

主人公ギル(オーウェン・ウィルソン)が深夜のパリの街で突如車に拾われ、パーティーに訪れる。その、彼を車でパーティーに誘った人物こそが、F・スコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダなのである。

フィッツジェラルド役は、『マイティー・ソー』のロキで知られているトム・ヒドルストンが、ゼルダ役はアリソン・ピルが演じた。(トム・ヒドルストンが本人に激似!)

  

しかも、実際にフィッツジェラルドはパリでアメリカから逃れてきたアーネスト・ヘミングウェイと出会っており、その出会いや、ゼルダがパリで統合失調症の発作をおこした時のシーンなど、単なる登場人物の一部に過ぎないのに割としっかりと、設定などが忠実に描かれているのである。さすが、ウディ・アレン。

ゼルダ・セイヤーは、もう一つの伝記映画でも描かれる

f-scott-fitzgerald-an-american-icon-2

http://definitivetouch.com/

以前から企画があがっていたものの、数年以上動きを見せていなかった、ゼルダ・セイヤーを中心に描いたもう一つの伝記映画『The Beautiful and the Damned(原題)』が、今年四月頃、主演ゼルダ役に『アベンジャーズ』のブラック・ウィドウこと女優スカーレット・ヨハンソンを迎えることによって再始動した。

scarlett-759

http://indianexpress.com/

Scott and Zelda: A Tale from the Jazz Age(原題)』は、未だ監督やキャスト等は未定である。もし、『ミッドナイト・イン・パリ』同様フィッツジェラルド役にトム・ヒドルストンを、『The Beautiful and the Damned(原題)』同様にゼルダ役にスカーレット・ヨハンソンを配役すれば、(あり得ないとは思うが“もし”の話だ!)ロキとブラック・ウィドウの夫婦役としての共演となり、マーベルファンとしては物珍しいだろうし、20年代最高文学などに興味のない若年層も惹き付けるきっかけとなるのではないだろうか?

 

今作が『The Beautiful and the Damned(原題)』のように数年も停止してしまう企画にならない事を、フィッツジェラルドファンとしても願わんばかりだ。

今後の正式なキャスト発表に注目していきたい!

sources: http://eiga.com/news/20160925/5/

https://ja.wikipedia.org/wiki/F%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89

http://indianexpress.com/article/entertainment/hollywood/scarlett-johansson-to-play-original-flapper-zelda-fitzgerald-2767901/

About the author

ライター/編集者/Ellegirlオフィシャルキュレーター、たまにモデル。ヌーヴェルヴァーグと恐竜をこよなく愛するナード系ハーフです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。